毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

3001号 人生にウルトラCはない


■いつも自分に言い聞かせている言葉が
 あります。

 それは

 「人生にウルトラCはない」

 ということ。


 言葉を換えると、

 「その日、その日を全力投球する」

 「今、この瞬間を最高に活かす」

 ということです。



■どうすれば人は変われるのだろう、

 というテーマをずっと追いかけてきた
 半生でしたから(大げさ)、

 これまで


 <変われた人>

 <何年経っても変われない人>


 いずれもを含む、たくさんの人と出会い、
 話を聞いてきました。



■それで分かったことがあります。

 それは、

 「変われる人」

 は、ウルトラCを求めず、
 日々の地道な行動を淡々と、地道に、

 しかし着実に積み重ねていく。

 (すぐの変化は求めない、
  長期の変化を確信している)



■反対に、

 「変われない人」

 は、ウルトラCを求める。

 (即座の変化を求める、
  長期的視点に欠ける)


 両者の違いは、
 この差でしか、ありませんでした。



■横着をして、

 基礎を固めず、一足飛びに成果を求める
 姿勢が身についてしまうと、

 それはかえって悪い「型」だから、
 それが身についてしまうと、

 その習性、習慣から抜け出すのに
 膨大な時間がかかるようになるのです。

 (結果として「変われない」)



■反対に、

 地道に積み上げていく人は、
 初期の頃は、そんなに目立った成果を
 発揮することはなくとも、

 時間を味方につけ、じわじわとした
 積み重ねが、やがて目に見える結果となり、


 さらに、この積み重ねを続けていくと、
 その成果が確実に複利で増大していくことが
 実感されるようになる。



■そのときになって

 「ウルトラC信奉者」

 が慌てて、焦って、方向転換しようと
 しても、もはや手遅れ。

 (とまではいわないまでも、
  既に周回遅れ、、)


 だからこそ、とくに若いうちは特に、
 目先の利益や成果や結果を追い求めず、

 地に足の着いた、目立たぬ基礎体力づくりに
 励めばよいのです。



■その過程で真の実力もついてくるし、
 また、見ている人は見ているものです。

 (そして先物買いしてくれる人が
  必ず現れます。

  そのときが頭角を現すチャンス)


 だからその日を楽しみにして、


 「その日、その日を全力投球する」

 「今、この時間を最高に活かす」


 ことだけに意識を集中していれば
 いいのです。



■世に、

 「慌てる乞食は貰いが少ない(※)」

 ともいうではありませんか。


 ※あわてるとかえって失敗することを
  戒めるたとえ。急がば回れ。(大辞林より)


 人生にウルトラCなどないことを肝に銘じ、

 長期にわたって、陽の当たらない道を歩くことを
 かえって喜びとできるくらいになれば、

 未来、きっと必ず、いいことが起こります。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生にウルトラCはない。    日々の全力投球だけが、しかるべき人生の軌跡を描き出し、    さらには奇跡をもたらしてくれるのだ。   ■慌てる乞食は貰いが少ない。    急がば回れ。急いては事を仕損じる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。