毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2962号 恥をかくから得をする


■昨日のメルマガでは、

 「外部脳としてのメールマガジン」

 と題して、

 「情報の受・発信を繰り返すことで
  得られるたくさんのメリット」

 について記しました。

 今日も続けます。



■昔からさんざん、
 そして昨日もお伝えしたように、

 情報や思考といったものは


 「囲い込むのではなく
  どんどん発信するのがよい」


 そんな風に思われます。



■もちろん、

 自分の稚拙なものの考え方や、
 世間知らずなものの捉え方、

 といったものを外に発信していくと、
 それがそのまま、


 「自分の頭の中のレベルが
  外部の人に丸見えになってしまう」


 という非常に恥ずかしい事態となる
 ことでしょう。



■私も、

 「恥ずかしい」「恥ずかしい」
 「あーーー、恥ずかしい」

 なんて、毎日、百回くらい脳内で連呼しながら
 メルマガを書いている訳ですけれども、

 嘘偽りなく、
 本当に「恥ずかしい」と思っているのです。


 しかし、そもそも

 「文章を書くことは、恥をかくことだ」

 と言われるように、
 それはやむを得ないこと。

 そう割り切る以外、ありません。



■それを恥ずかしがっていたり、
 恐れたりしていたら、

 いつまでたっても
 これまで書いてきたような、

 情報発信のメリットを
 享受することはできません。



■したがって、あるところで割り切って、

 そもそも自分は何も知らないのだ、
 そもそも自分は何も分かっていないんだ、


 でも、


 「何も知らない、
  何も分かっていない

  そのことだけは
  分かっているんだよ」


 という、


 「何も知らないことを
  知っている」

 という立場に立ち、

 「どんどん恥をかいていこう」

 このように考えているのです。



■そんな風にして、開き直って
 継続して、発信し続けていくと、

 これまで書いてきたように、さまざまな
 情報のフィードバックがもたらされ、

 出せば出すほど得をすることが
 分かってきます。



■すなわち、


 「恥をかく < 得をする」


 ことが分かってくるのです。


 「1」恥をかいても
 「10」得をする。

 どころか、

 「10」なんていうものではなく、

 「20」も「30」も「50」も「100」も
 得をしている、

 ということが理解できるように
 なるのです。


 その恩恵を、私は3000日間にわたり、
 こっそり(?)受益し続けてきた訳です。



■考えてみれば、

 出来の悪い社会人として、最底辺のところから
 スタートしたような私であっても

 3000日間、恥をかき続けることによって、


 今では、多少なりとも他人様の前で
 お話をさせていただいたり、

 本を出させていただいたり、

 自分なりの考えを世に問うことが
 できるようになったりしているのです。



■さらに、その結果(副産物)として、

 自分の生活の糧が確保できたりも
 している訳ですから、

 「過去、3000日にわたって流した
  血と汗と涙」

 ならぬ、

 「過去、3000日にわたってかいてきた
  恥の総量」

 を懐かしく振り返らずには
 おれなくなるのです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■文章を書くことは恥をかくこと。    発信すればするほど、自分の無知さ加減、愚かさ加減を    さらけ出すこととなるだろう。   ■しかし、実際の所、恥をかき、失うものより得られるものの    ほうが、はるかに大きい。   ■一時の恥を恐れて、一生の恥をかかないように、    そんな風に思ってみてはどうだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。