毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2960号 2度繰り返されたことは、3度繰り返さない


■冒頭でも記しましたが、
 昨日、スーツケースを新しく求めました。


 今まで使用していたものにちょっとした不具合が
 発生して、車輪(?)の調子が悪くなり、

 コロコロ引っ張って移動するたびに
 肉体に負荷がかかる。(肉体面)


 なによりもそれが気になり
 ストレスになったり(精神面)、

 移動している際にも、
 ちょくちょく立ち止まらなければ
 ならないなど、時間のロスが生じる(物理面)

 ことが、ずっと気になっていました。



■ある場所からある場所への、

 一回一回の移動で発生しているムダ時間は
 おそらく

 「数秒、十秒、乃至せいぜい1分」

 といったところかもしれません。


 一回一回はたいした時間のロスではありませんが、
 都度、ムダ時間が発生している、

 そしてストレスが発生することも
 気にかかる。


 これはやはり看過できないなと。



■スーツケースは一回買ってしまえば、
 上述のように、

 ちょろちょろと発生するムダ時間はじめ
 さまざまな問題が解消されます。


 このところ、
 より成果をあげるための時間管理

 (=正味率の向上)

 を自らに課してできる限り一日の密度を
 高めて、行動しているのですが、


 今回、以上のような理由で、
 スケジュールの合間を縫って、時間を確保し、
 スーツケースを購入したのです。



■お店に着いて、1分で決断して、
 5分後にはお店を後にするという即断即決!です。

 (多少の価格差より、
  時間のほうが大切なので)


 そして、これで今後5年か10年か、
 しばらくは出張で移動の際に

 肉体的にも、精神的にも、
 そして時間的にも、

 面倒が発生することを防げるようになったと
 思うと、大変満足度の高い買い物となりました。



■こういう未来に対する投資は
 とても気持ちの良いものです。

 いつかやろう、と思うくらいであれば、
 無理やりでも時間を捻出して、

 さっさと済ませてしまうことが大切です。


 たかが、と思われるかもしれませんが、
 小さなものから大きなものまで、
 本質は同じでしょう。



■すなわち、大切なのは、

 「2度、繰り返されたことは
  3度、繰り返さない」

 ためのシステム構築をする、
 ということ。


 また、

 どうせ再び、おんなじことが問題になるのが
 分かっていることであるならば、

 前倒しして対処しておきましょうよ、
 ということでもあります。



■冒頭、ご紹介させていただきました
 松永澄夫先生は、

 執筆の際、日本語変換ソフトの辞書登録機能を
 フルに活用されているそうなのですが、


 (私も拝見させていただきましたが、
  そのシステム?は凄いものでした。

  一見しただけでは真似をさせて頂くのが
  ちょっと難しい高いレベルでしたが、、)


 これも同じ理由からであるとおもいます。



■一度、登録しておくだけで、

 一語、一文を入力するための1秒、2秒が
 短縮される。

 しかし論文一本、書籍一冊を仕上げようと
 おもったら、当然、莫大な文字数を入力するわけ
 ですから、

 この1秒、2秒の短縮が、積もり積もって
 大きな時間節約となってくることでしょう。



■いずれにしても、

 大小様々、全て、


 「2度、繰り返されたことは
  3度、繰り返さない」


 という基準に則ることにより、
 仕事の効率化を進めていきたいものです。


 すると、この

 「毎日・1改善」

 が時間の経過とともに
 大きく効いてくることになるでしょう。



■そうやって

 「(浮いた時間ではなく)浮かせた時間」

 を本来、なすべき思惟や思索、

 あるいはさらに価値をもたらして
 くれる仕事に用いるべきなのでしょう。


 人生がビジネスが、
 どんどん楽になっていくはずです。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「2度繰り返されたことは、3度繰り返さない」ことを    基本として、システム化を図ることが大切。   ■問題の大小を問わず、この姿勢を習慣としていくことにより    時間の余裕が、精神の余裕が、肉体の余裕が生まれてくる    だろう。   ■そこで浮かせた時間的、精神的、肉体的余裕でさらに    効率化を図ることにより、人生もビジネスもどんどん楽に    なっていく。   ■そうやってさらに浮かせた時間を、本来なすべき思惟や思索、    さらに価値をもたらしてくれる仕事に用いるべきだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。