毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2954号 自尊心を大切に(その2)


■昨日(自尊心を大切に)は、


 人生を生きる上で、
 また、ビジネスの現場においても、

 「自尊心」

 は非常に大切である。


 自尊心をより高めるには

 自分を評価してくれる人、
 認めてくれる人、

 褒めてくれる人、
 尊重してくれる人、


 と積極的に付き合うようにするとよい、

 そんな話をしました。


 今日もこのテーマを続けたいと思います。



■昨日のメルマガではさらに、

 不遇の時代にあっても、
 自尊心が高ければ、

 「ここは本来、私がいるところではない」

 と奮励努力するようになる。


 反対に

 自尊心が低ければ、あきらめ、投げやりの
 状態になる、

 というお話をしましたが、

 高い自尊心は、逆境にある人だけに「効く」
 ものではありません。



■平時にあっても、

 自尊心が高まれば高まるほど、
 決して現状に満足できなくなるでしょう。


 そして必然的に、

 今の自分が


 ▼不甲斐ないなあ

 ▼情けないなあ

 ▼こんなハズではないのに

 ▼もっとできるはずなのに


 というような気持ちになってきます。

 (今の私です 笑)



■そういうわけで、

 不満はいっぱいあるし、
 不足もたくさんあるし、

 でも、

 そんな不満、不足があるから
 かえって元気、活力が生み出され、

 そうやって動いている自分に対して
 絶対肯定の心境ともなり、

 さらに自尊心が高まっていく

 (それに伴い、不満、不足も大きくなっていく)

 というサイクルが繰り返されることと
 なるのです(笑)



■つまり、

 現状への不満感が満足感につながっていくわけ
 ですから、不思議なものです。

 この矛盾した心境?

 はどのように説明すれば伝わるでしょうか。

 果たして、伝わってますか?(不安)



■そして反対に、

 現状に満足しきっている人、
 一切、不足のない人、

 は、やがて

 「満足した状態、不足のない状態に
  あるのが、不満」

 ということになるでしょう。


 まこと、人間とは勝手な生き物で
 ございます。



■というわけで、
 ここらあたりで結論に入ります。


 以上でお分かり頂けるかと思いますが、


 【 人には高い自尊心に基づいた

       「健全な不満」が必要である 】


 ということが私の主張したいところ
 なのです。



■不満のない人があったとしたら、
 その人は大変危険です。


 そこから先には怠惰しかありません。

 そこから先には堕落しかありません。

 そこから先には凋落しかありません。


 そして、

 小人閑居して不善を為す、

 ことになりかねません。


 また、

 不足のない人があったとしたら
 その人は爆弾を抱えているのです。

 「自惚れ」

 という大きな爆弾です。



■だからこそ、

 「健全な不満」

 を持っている状態をこそ、
 喜ばなければなりません。



■この不満から来る、

 より自分を成長させよう、向上させよう、

 と、頑張らせてくれる原動力は、
 これまでに述べてきたように

 「高い自尊心」

 にあったのです。


 大切なことなので
 もう一日、続けます。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自尊心が高まると、決して現状に甘んずることが    なくなり、ましてや自惚れることもなくなる。    (自惚れている暇などない)   ■「高い自尊心」は「不満があるのが、満足」という    「健全な不満」をもたらしてくれる。   ■「高い自尊心」こそが成長しよう、向上したいという    気持ちの源となり、行動の原動力となるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。