毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2953号 自尊心を大切に


■生きていく上で、仕事をしていく上で、

 私が非常に大切だと考えているものが
 あります。

 それは「高い自尊心」。



■自尊心とは、


 --------------------------------------------

 1.自分を優秀な者だと思う気持ち。
   尊大に構える心。プライド。「━が強い」

 2.自分の品位を保とうとする心。プライド。
   「そんなことは━が許さない」」

             (大辞林 第三版)

 --------------------------------------------


 と辞書には書かれていますが、


 私の解釈としては、

 「自分に対する見積もり」

 ということと認識しています。



■ここに不遇な環境に陥っている人が
 あっても、


 自尊心の高い人、すなわち

 「自分に対する見積もりの高い人」

 は、

 「ここは本来、私がいるところではない」

 と奮励努力するだろうし、


 反対に、

 自尊心の低い人、すなわち

 「自分に対する見積もりの低い人」

 は、あきらめの気持ちともなるでしょう。



■今、置かれた環境や状態が同じであっても、

 自尊心が高いと頑張ろうとするし、
 低いと投げやりになってしまうのです。


 その結果、同じ状況に置かれている
 にも関わらず、

 自尊心が高い人はそれをバネにして
 かえって行動できるし、

 自尊心の低い人は、
 身体を動かすことができなくなる。



■だから私たちは、
 行動力をもたらす源泉である

 「自尊心」

 を何よりも大切にしなければなりません。



■具体的にはどうすればいいかというと、

 たとえば私であれば、自分を


 ▼評価してくれる人

 ▼認めてくれる人

 ▼褒めてくれる人

 ▼尊重してくれる人


 と、より積極的に付き合おうとします。



■逆に


 ▼自分をけなす

 ▼否定する

 ▼自分に怒る(叱る、ではなく)


 そういう人とは一切付き合いません。



■基本姿勢として、

 けなす、否定する、怒る、

 といった形で接してくる人とは、


 たとえそれがどれだけ偉い、著名、
 影響力がある、

 といったような人であっても、

 一切付き合わない、そして遠ざかる、

 ようにしているのです。



■ここは一つ、大人の対応をとって、

 先様に悟られないように、

 「逃げる、避ける」


 そして、上司など、
 どうしても逃げも避けもできない相手に
 対しては、

 「受け流す」

 ことといたしましょう、という風に。



■そもそも、そういう姿勢で接してくる人と、
 まともに接しても、

 「反面教師」

 としての学び以外に得られません。

 遠巻きに学ばせてもらいましょう。


 ※以上について、もちろん、

  私のために、あえて過ちを指摘してくれる人、
  たしなめてくれる人、叱ってくれる人、

  とは、峻別しなければなりません。



■そんなスタンスを堅持することによって
 自尊心が徐々に引き上げられていく。

 その結果、先ほども書きました通り、


 【 自尊心が行動をもたらす 】


 訳ですから、成果も上がってくるように
 なると「個人的には」考えています。


 倫理的、道徳的にどうか、
 といったご意見もあろうかと思いますが。


 明日に続けます。



 今日も人生とビジネスを楽しみましょう!


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生やビジネスにおいて何よりも大切にすべきなもの、    それは「自尊心」。   ■高い自尊心は「努力」や「向上心」につながるが、    これが低いと「あきらめ」や「投げやり」に陥りかねない。   ■自分を評価してくれる人、認めてくれる人に積極的に    近づくことで自尊心は引き上げられる。    やがてそこから行動が誘発され、自ずと成果へとつながって    いくことであろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。