毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2888号 人間関係は時間をかけて、広く、深く、根を伸ばす


■今回、高井伸夫先生とともに、

 北海道に帯同させて頂き、あらためてそのご縁の
 広さ、深さに驚かされた次第です。

 その中での気付きを一言で表現するとする
 ならば、


 「人間関係は時間をかけて、広く、深く、根を伸ばす」


 ということでしょうか。



■昨日、高井先生のブログより、過去に記載された
 「交友録」の一部をご紹介させて頂ましたが、

 その後、最新の記事が更新されていましたので、
 ご紹介いたします。


 【8月第1週<7月31日(日)~8月6日(土)>の交友録 その5】


 ---------------------------------------------------------


 社団法人 日中協会 理事長 白西 紳一郎 様


 (前略)


 同協会の理事長である白西紳一郎様は、

 1965年に京都大学文学部東洋史学科を卒業され、1967年から、
 日本国際貿易促進協会に勤められました。

 そして、1975年の日中協会設立に伴い、監事に就任され、
 2000年には理事長に就任されました。

 1967年以来中国には400回を超える訪問をなさったそうです。


 このご経歴からお分かりになるかと存じますが、日中友好に
 かける想いは青年時代から非常に強く、

 「日中友好」に生涯をかけられてきており、
 また元来ムードメーカー、盛り上げ役と自負されておられます。

 そして、現在71歳でいらっしゃいますが、
 大変ゴルフがお好きな健康的な方です。


  私は白西様にお誘いをうけて2000年7月から日中協会の理事に
 就任しています。

 それは、私が中国の上海に日本高井・岡芹律師事務所上海代表処を
 1999年5月に設立していたからであります。

 ちなみに私はその後2006年、北京代表処も設立しております。


 (後略)


 ---------------------------------------------------------


 企画集団 知性コミュニケーションズ 代表 小石原昭先生


 (前略)


 小石原先生は、1951年に河出書房に入社され、1954年に27歳の
 若さで若者向け新総合雑誌『知性』を企画、同誌の編集長と
 なられました。

 1957年に河出書房が倒産後も、先生が中心となって同年に
 知性社(現・株式会社 知性アイディアセンター)を
 創立されました。


 爾来、日本最初のPRジャーナリズムを創造・発展させてこられ、
 文化人・知識人をシンクタンクとして新しい情報産業を
 創成されてきた方です。

 私は、先生とは1988年2月に初めてお会いし、爾来お付き合いを
 させていただいております。


 (後略)


 ---------------------------------------------------------


 堺屋 太一 先生


  8月4日(木)14時45分から約30分程、堺屋太一先生に、
 先生の事務所でお会いさせていただきました。

 堺屋先生にお会いしたのは今回が初めてのことでしたが、
 先生は1935年生まれで、私は1937年生まれですから、

 ほぼ同年代で、同じく東京大学卒業でいらっしゃったことも
 あって、お話も弾みました。


 (後略)


 ---------------------------------------------------------


■このコーナーで紹介される方は、

 日々、膨大な人数、お会いになられる方々の、
 ほんの一部に過ぎません。


 しかし、上にも述べたとおり、


 【 一期一会の精神 】


 が、時間の経過と共に


 【 人間関係は時間をかけて、広く、深く、根を伸ばす 】


 ことにつながっていっているように
 感じられるのです。



■とても面倒見の良い方で、今回も、


 (金銭的に厳しいプロジェクトを運営されている)

 上述の、ボブスレー選手の桧野真奈美さん、

 鈴木章先生の映画をプロデュースされている
 江口彰さん、


 の力になってくれそうな、

 これまでのお付き合いの中のさまざまな人を
 紹介されているところも間近で拝見いたしました。



■ここで学んだことは、そういった

 「小さな一つ一つの好意、親切」

 を

 「習慣的に」(⇒ここが重要だと思われます)

 行うことが大事、ということ。


 そうやって、

 回りを助けることによって、
 結果として自分も感謝される、

 そして応援される、助けられる、
 ということもたくさんあるのではないか、

 そんな風に考えた次第なのです。



■実は今回、同道させていただいていた中で、

 今後の高井先生の日本ならびに海外の出張、
 そして日常の会食について、

 「予定の許す限り、同行しないか?」

 という、ありがたいお話を頂きました。



■もちろん、これ以上、嬉しくありがたいお話は
 ないわけで、ぜひに!ということで、

 早速、今週末に栃木を訪れるのを皮切りに、
 北京、上海、鹿児島、佐賀、

 などをご一緒させていただくことになりました。


 日本中、世界中にたくさんいらっしゃる
 先生の友人知人をご紹介くださるということで、

 とても楽しみにしております。



■さらに楽しみなのが、高井先生の

 「スーパー仕事術」

 を長時間にわたって間近で拝見できること。


 私もこれまでにたくさんの人とお会いして
 きましたが、

 いまだ高井先生を上回る仕事量をこなされて
 いる方を見たことがありません。

 (今後も、見る事はおそらくないのではないかと
  思われます)



■そこで学ばせていただいたことも、
 (差し支えのない範囲で)

 ぜひメルマガでもシェアさせていただければ、
 そんな風に思っております。

 ご期待ください。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人間関係は時間をかけて、広く、深く、根を伸ばす。   ■そのためには普段から「一期一会の精神」で他者に接し、    かつ、「その精神と行動の習慣化」がなされていなければ    ならないだろう。   ■この姿勢と行動の長期継続によって、いずれ大樹のような    人間関係が育まれることになるのであろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。