毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2874号 サプリメントと食事の関係

一昨日昨日のメルマガで、

 「無用の用の読書術」

 と題して、

 私(鮒谷)の読書(ひいては人生)についての
 考え方をお伝えいたしました。



■予期せぬことに、この内容についてのご感想を、
 大勢の皆さんから頂いたのですが、

 奇しくも、お二人の方が「サプリメント」に
 例えたお話を下さいました。


 (ここから)
 -----------------------------------------------------------


  無用の用の読書、共感いたしました。

 「この本を読めばうまくいく」というような本は、
 なにかサプリメントを飲むような気がします。

 体には一見必要なのかもしれませんが、本当に
 体に効いているのか?、というような感じです。


 (中略)


 (かくゆう私もハウトゥ本をだしてますがw)
 インナーマッスルを鍛えるような本を今後もご紹介ください。


 -----------------------------------------------------------
 (ここまで)


 (ここから)
 -----------------------------------------------------------


 無用の...、ふと視点を変えてみたら食事でも同じことが
 言えそうです。

 必要なものだけでいいと、サプリメントだけ摂ってもダメで、
 やっぱり普通の食事が基本ですよね。


 仕事柄、サプリメント重視の栄養摂取になる方々を
 見ることがあるのですが、怪我をしたときに治りにくい。

 やっぱり、特に必要と思えなくとも幅広く摂取をすることが
 とっても重要だと、読書でも言えるということですね。

 まっ、何でも基本的には同じなんでしょうね。


 -----------------------------------------------------------
 (ここまで)


 以上のご感想を下さったお二人の方、
 またその他、感想を下さった皆さま、

 ありがとうございました!


■サプリメント、とは言いえて妙ですね。

 まさにお伝えしたかったことを、
 一言で表現していただきました。


 日常の食事にしても、

 ただ単に、必要な栄養素だけ満たせればいい、
 という考えであれば、

 ひたすらサプリメントだけ摂取していれば
 いいのかもしれません。


 しかし「何かがおかしい」ように感じられます。



■そうではなく、

 日々の豊かな食事を基本として、

 「場合に応じて」

 サプリメントを摂取することが、身体にとって
 必要なことではないかと思われます。



■同様に、

 人生においても、仕事においても、
 目に見える結果をすぐに出させてくれる

 「サプリメント」

 は重宝な存在ではあります。


 とくに必要な栄養素(=結果を出す力)が
 圧倒的に不足していて

 「応急処置」

 を施さなければならない場合には。



■しかし、そんな場合でさえ、

 完全にサプリに依存するのではなく、
 ある程度、肉体が元通りになったら、

 サプリメント主体の食事、
 もとい、摂取から、

 バランスの取れた温かな食事に切り替えて
 いくべきでしょう。


 そうすることで心身ともに、豊かで活力ある
 生活を過ごせるのではないか、

 そんな風に考えているのです。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人生において、即効性、お手軽さ、だけを求めることは、    「サプリ主体の健康」と例えられるかもしれない。   ■それで健康は「維持」できるかもしれないが、「活力」が    湧いてくるとは、とても思えない。   ■必要栄養素が圧倒的に不足しているときには、即効性があり、    お手軽に摂取できるサプリメントで、応急処置をすることも    時に必要ではある。   ■しかし、そんな場合でも、肉体が元通りになったら、    バランスの取れた温かな食事に切り替えていくべきであろう。   ■以上、一種の比喩表現を通して、一つの問題提起を。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。