毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2858号 人間性を大事にしたい


■先日、行ったセミナー参加者限定の
 フォローアップセミナーについてのご感想を、

 某大手生命保険会社に勤務される
 Y.Kさんより頂きました。



■ご参加いただけなかった参加者への
 フォローとともに、

 せっかくなので皆様にも、なんとなくでも
 内容・雰囲気を感じ取って頂ければと思い、
 ご紹介いたします。


 (ここから)
 ------------------------------------------------------

 (感想)

  まずは、抜群のタイミングでのセミナーであり、

 心が折れかけ、ダレてきた時期だったため、
 助かりました!笑


 今回の内容をざっくり振り返ってみると、


 印象に残った言葉


 ○書くという作業は、瞬間凍結である

  →その時々の想いを留めておくことが
   成長の証になる

 ○一度だけでも角度を変える、
  振り返ってみると大きな差が生じる

  →あの時の一度の舵取りが、、、と
   あとからなるはず!

 ○バブルの時代にいた人は、
  その状態が永続すると思っていた

  →多くの人は"今"を生きるのに精一杯で、
   せいぜい今プラス数年しか見ていない

 ○コントロール感が幸福感と直結

  →改めて納得。幸せってなんだろう?
   あらゆる文献もあるが、コントロール感は大きい

 ○大きな波のどこかにいる と、
  知っておくことが大事

  →心構えができ、自分の立ち位置もわかる

 ○栄枯盛衰

  →平家物語の冒頭。平家も織田も徳川も
   あらゆるものが滅んでいる

 ○「いい状態は長続きしない」とわかっていても
  「自分は例外」と思いがち

  →よくやります、おごるってやつです

 ○自分の人生を律する

  →なかなかこれが難しいけど、これが出来ると
   コントロール感は増す

 ○リーダーの資質

  →どんな時代もリーダーが求められる

 ○時代の変化、社会のトレンドを読む

  →トレンドや世の中の変化を掴めていないと
   痛い目を見ます

 ○世の中を俯瞰する

  →高いところから、長いところから
   見えるようになれば手も打てる

 ○常に新しいものがもてはやされるが、
  礎を忘れてはいけない

  →やはり伝統あるもの、歴史あるものには
   意味がある

 ○温故知新、不易流行

  →まさに古典の世界。変わってもいいものと
   変わってはいけないものがある
   譲れるものと譲ってはいけないものがある。

 ○難しいのははじめの一歩

  →ゼロからイチが大変、
   まさに石のローラーを押すのと同じ

 ○周りからどう見られているかを考える

  →周りの目を意識してはじめて自分に
   目がいくことって多い

    自分が髪形を意識したのは寝ぐせだらけの
   自分の写真を見たから

 ○論を学まで高める

  →説 から 論 へ
   そして 学 の世界まで深堀り

 ○学びのはじめは点線、そのうち線となればいい

  →はじめは?でいい、それが点となり、
   将来どこかで線となる。

   ある分野で学んでいると着想があって
   スッとつながるのと一緒のことかと

 ○長く潜る、バサロ泳法のイメージ

  →潜る時間が長いほど、出てきた時の差は大きい
   という気持ちで、

   潜ってても努力をし続ければ報われる
   エチ先生が理想かも


 本当は一つ一つもっと詳しく書きたいところではありますが、
 ただでさえ、結構な分量になりましたのでこの辺りで。


 深く学んだこと5点に集約すると


 ○時代を読む、楽観視しない

 ○一喜一憂しないで、自分を律する

 ○じわじわ時間をかけてバレないよう(←せこい。笑)温める

 ○変わらぬものを重んじる

 ○深堀る


 今後どう活用していくか


 ☆あらゆるものを長い目で見て、
  じっくり時間と労力をかけて取り組む

 ☆自分の時間、精神をコントロールする


 3日間セミナーを振り返って

 3日間のセミナー以降、正直一部出来てない
 こともあり、当然のように怠けた時期もあり、

 むしろ「継続出来ていたのは、はじめだけ?」

 なんて思うこともありますが、考えてみれば
 あれからこのブログを毎日、時間はズレこみまくりながらも
 継続出来ている。


 「自分には努力の才能はない」と言い続けた自分が
 70日以上も続いている。

 このことは、3日間セミナーに参加したから
 こその成果。

 そう考えると、今の状況は大きく方向性が動き出す
 途中の段階であり、

 あの3日間セミナーは、たった一度(角度の話です)の
 大きな舵取りなのかもしれない。

 そんなことを感じています。


 ------------------------------------------------------
 (ここまで)


 Kさん、ありがとうございました!
 引き続き、これからも宜しくお願いいたします!


■あまり長くなってもあれなので、
 今日は一言だけ。

 実は先のセミナーで一番お伝えしたかった
 ことは、頂いたご感想からも分かるかと思いますが、


 ------------------------------------------------------

 (今の時代においては、
  性急に成果を求められることが多いので)

  ついつい、短期視点に偏りがち。


  しかし、もう少しだけ、
  どっしりと、ゆったりと構えて、

  人間性を大切にして、
  多少の遠回り覚悟で、

  本当にやりたいことを行う勇気を持っても
  いいんじゃないですか。

 ------------------------------------------------------


 ということ。



■そんなことをしたら、


 ▼将来のキャリア設計が、とか

 ▼当座の金銭はどうするのか、とか

 ▼今の仕事に忙殺されていて、とか


 きれいごとで済まない部分が
 たくさんあるのは重々承知の上で、

 あえて、そのような問題提起をしてみたい
 のです。


 短期視点で大慌てで生きて、肝心の人間性を
 失ってしまっては元も子もありません。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■性急な成果が求められる今の時代においては、    ついつい短期視点に偏りがちとなる。   ■しかし、もう少しだけ、どっしりと、ゆったりと構えて、    人間性を大切にし、遠回りを覚悟で、本当にやりたいことを    行う勇気を持ってもいいのではないか。   ■大慌てで生きて、肝心の人間性を失ってしまっては    元も子もない。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。