毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2854号 鍛造するは我にあり

昨日は、

 「川尻包丁ができるまで」

 と題して、

 包丁を鍛えるように
 自分(の信念)を鍛えたい、

 そんなお話をいたしました。


 まさに、

 「鍛造するは我にあり」

 でございます。



■昨日、書きながら思ったのですが、

 「自分を鍛える」

 という言葉を用いて、
 自らを作り変えようとしても、


 昨日ご紹介したような動画のイメージが
 脳内で映像として浮かび上がるかどうか、

 の違いはとても大きそうです。



■刀や包丁を作る際に、

 金属をガンガン、繰り返し叩いて、
 圧力を加える。

 それにより強度が増す。


 そんな「鍛造」のプロセスは、
 そのまま、人の成長にも当てはめることが
 できそうですが、

 ただ、あのイメージが頭の中に浮かぶか、
 否かで、

 「自らの鍛造」に取り組む姿勢も
 大きく変わってきそうです。



■昨日、ご紹介した動画のような
 イメージを持っていれば、


 毎日のほんの小さな努力や頑張りが
 (ハンマーでの)一叩きに相当する、

 そしてその一叩きの繰り返しが、
 丈夫で強靭な人間に育ててくれる、


 という理解が助けられますね。



■あの映像を見たことで、

 倦まず弛まず、小さな努力、がんばりを、
 カンカンカンカン、


 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、

                     (以下、省略)


 を繰り返し、人間としての強度(?)も
 増してくる、

 そんな確信も持てそうです。



■(刃物を作るときと同じく)

 日々の鍛錬の成果が、すぐに表に
 表れてくることは少ないですが、


 こんな鍛錬を、

 1年で365回、3年で1000回強、6年で2000回強、
 10年で3650回も繰り返せば、

 それなりに「モノになる」のでは、
 そんな風にも思われたのです。


 そう考えると、やっぱり「比喩表現」の
 持つ力には侮れないものがあります。



■たゆまぬ鍛錬、ということに関連して、
 昔、メルマガでも紹介いたしましたが、


 イエローハット創業者である
 鍵山秀三郎氏の言葉に


 【 10年偉大なり 20年畏るべし 30年で歴史になる 】


 というものがあります。



■30年(10000日、10000回)の間、

 欠かさず同じことをやり続ければ
 (鍛造し続ければ)

 たしかに歴史になり、さらには伝説となる
 ような気がします。



■そんなことを考えながら、
 今日も地道に「一叩き」を加えておくことと
 いたします。

 (私の場合は一回のメルマガ執筆、メルマガ配信)


 そういえば、気がついてみれば、
 あと2年で、

 【 10年偉大なり 】

 の領域に突入です。



■かくいう本人には、偉大の自覚は
 まったくありませんが(笑)


 ただ、はじめの一歩(第一号配信)は、
 ほんの小さな一歩でしたが、

 その後も歩き続けたことによって、

 あやうく終わりかけていた?人生が
 激変したことだけは間違いありません。



■とすると、やっぱり、


 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、
 一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、一叩き、

                     (以下、省略)

 という継続の力は、
 人生を変革させる大きな力となるのでしょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■比喩として置き換えられる具体的なイメージを    持っていると、行動に移しやすくなることがある。   ■日々の、地道な継続を、と(当たり前のことを)いわれる    よりも、刀や包丁を叩きまくり、鍛え上げ、「鍛造」して    いる動画を見たりしてイメージを持っておくと、    自分もあんな風に鍛え上げるか、という気持ちになりやすい。    (というか、そういう気持ちになれればいいな 笑)

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。