毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2831号 エッジの効いた情報発信


■このところ、しばらく、

 「心地良い人間関係を築くための
  情報発信法」

 についてお伝えしています。


 人間関係に悩まれている方は
 思いの外、多いようで、

 「自己開示による、引力・斥力」

 の話について、
 たくさんのご感想を頂きました。

 (ありがとうございます)


 今日も続けます。



■これまで、

 すべての人に合わせ、すべての人とダンスを
 踊ろうとする情報発信は、

 (一歩間違うと)

 徹底的な無毒化を施した、
 つまるところ人畜無害な内容に終始し、

 面白みのない、あらゆる人に迎合する
 ためだけの情報発信となりかねない。



■大袈裟に言えば、

 それはボディーブローのように
 時間の経過と共に、

 最終的に発信者の心身にダメージを
 与える可能性がある、

 ともお伝えしてきました。



■なぜなら、

 他者に阿(おもね)り、自らを偽り、
 自分の心と異なるメッセージを発信することは、

 精神的な満足度と密接な関係があると
 思われる、

 「思考と行動の一貫性」

 を損なうことと直結しているから。



■目先の欲求や恐怖のために、
 案外、軽んじられることも少なくない

 (とも思われる)

 「思考と行動の一貫性」

 を保つことは、

 実のところ、精神衛生上、
 非常に重要なことだと私は思っています。



■だからこそ、

 人間関係を形作るために行っている
 情報発信を行う際には、


 ▼各方面に配慮する
  (=反感を買わず、敵を作らない)


  ことを大前提とし、それでいて、


 ▼必要以上の迎合をせず、
  刺さるべき人に適切に刺さる発信を行う


 という絶妙のバランス感覚が
 求められるのだと理解しています。


 そしてそういった感覚を身につけるために
 私自身も日々、修練を重ねている最中です。



■情報発信と人間関係の形成について、
 このように捉えるようになってから、


 ▼瞬間的な、微弱な痛み

  (メルマガ配信するたび、
   発生する読者解除とか、、、)


 と


 ▼長期的な心地良さ
  (逓増する、心地良い人間関係)


 を天秤に載せ、
 後者を選択することにしたのです。



■結果的には、これが大正解でした。


 ▼感性に合わない、つまらない、くだらない、
  面白くない、分からない、

  と言われることを恐れない


 ▼メルマガを解除されることも恐れない


 この考えを徹底していくに従って、

 平穏な心で、自信と喜びを持った配信が
 行えるようになっていったのです。


 関係を深めたいと思っている人を意識し、
 より理解してもらえるように発信している
 のですから、当然のことでしょう。



■ですから情報を発信する際に
 一番大切なのは、


 ▼感性の合う人と、
  どうやって出会い、どうやって関係を深め

 さらには、

 ▼どうやって長期の付き合いに
  つなげていくのか


 である、と今では確信を持って
 お伝えすることができるのです。



■まとめると、

 バランス感覚に富んだ情報発信は
 なかなかに難しいものですが、

 あらゆる人に迎合していけば、
 やがて自分が苦しくなる。


 したがって一見、正解にも思える、

 【 万人に迎合 】

 の発信は、けしてベストな選択ではない、
 ということ。



■それよりも、


 【 敵を作ることなく、

   かつフェードアウトされる方も
   適度な頻度(?)で発生する 】


 程度の、エッジの効いた情報発信こそが、

 最良かつ絶妙の、目指すべき発信術では
 ないかと思われるのです。



■一見、意外とも思える結論を
 申し上げましたが、


 これは私(鮒谷)だけではなく、

 人付き合いが必要なすべて人
 (=およそ、すべての読者さん)

 にとって、大切な心構えではないかと
 いうことも合わせて、お伝えしたいと思います。



■最後に。


 私が情報発信する際に心がけている
 ことの種明かしをしてきましたが、


 勘の良い方であれば、既にお分かりのとおり、
 発信している情報から逆算して、

 私(鮒谷)は、どのような感性を
 お持ちの方とお付き合いしたいのか、

 ということも読み解けると思います。


 また逆算が可能なように、
 意図を持って発信しているつもりでもあります。



■だからこそ、私自身、自分を取り巻く
 人間関係を振り返ってみて、

 感性や価値観と合う人との
 お付き合いが、

 時間の経過と共に、逓増的に
 増え続けているのだろう、


 と自己分析をしています。

 (ありがたいことです)


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■人間関係構築のための情報発信においては、    ▼反感を買わない、敵を作らない    と同時に、    ▼不特定多数に合わせるのではなく、特定少数の人を     目がけて「エッジの効いた」「刺さる」発信をする    ことを目指したい。(両立は、とても難しいけれども)   ■意外に思われるかもしれないが、これが「思考と行動の    一貫性」を保ち、健全な精神状態を保つために、    とても大切なこと。   ■これはメルマガという媒体に限らない。ツイッター、ブログ、    SNS、そしてなによりリアルな人間関係において、    メッセージを発信する際にも、重要なことではないか。   ■万人に受け入れられている「いい人」なのに、本人自身が    (ひそかに)最も苦しんでいた、という事が往々にしてある。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。