毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2781号 フジツボを、こそげ落とす


■こんばんは、鮒谷です。

 今日は震災以来、
 久しぶりに深夜まで会食&飲み。



■英語を社内公用語にしたことで
 有名な(?)某企業の役員を務める友人が、


 明後日から語学留学のため、
 アメリカに旅立ち、

 そのまま秋からハーバードAMPに留学、
 しばらく会えない、


 ということで、その壮行会。


 <小勝 神楽坂>


 にて。


 二次会は

 <ラリアンス 神楽坂>


 に。



■一昨年、一緒にエジプト&ケニアに
 行ったので、思い出話にも花が咲きました。


 私も機会を見つけて語学留学行こうかと
 考えているのですが、

 いいところを紹介してもらいました。


 年内くらいに行ってこようかしらん。



■さて今日は、


 【 フジツボを、こそげ落とす 】


 というテーマでお伝えします。



■冒頭記したように、
 明後日から友人がアメリカに旅立ちます。

 「英語留学 ⇒ ハーバード留学」

 ということで、
 新しい一歩を踏み出すわけですが、

 正直、わたくしは、
 少なからぬショックを受けました。



■何に対してショックを受けたかというと、


 【 お前の人生、
   守りに入ってるんじゃないの? 】


 という自問自答が出てきたことについて。


 そして実際に、


 【 気づかぬうちにやっぱり守りに入っとるわ 】


 という判断を下さざるを
 得なかったことについて。



■人間、多少安定してくると、
 どんどん保守的になっていきます。


 船でいうと、


 「船底にフジツボが
  びっしりと張り付いた状態」


 となり、スピードが鈍る、
 というイメージかもしれません。

 (恐ろしいフジツボさんの画像)

 http://www.xylocopal.com/mv2/Joka9910/index.html


 フジツボさんのおかげで

 「エンジン回転は上がらない、
  フネはちっとも進まない」

 と。



■新しい世界を切り開き続ける友人と触れ合う
 機会を持つことで、

 初めて、そんな自分を客観視させられる。

 これはとっても有り難いこと。


 全力で前に進んでいる人間と接することで、

 自身の前進を阻むフジツボ(安住の精神)を
 取り除き、

 さらに前に進まなければ。



■今日も人生とビジネスを楽しみましょう


カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。