毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2767号 115円で人生を逆転させる


■こんにちは、鮒谷です。


 今日は、

 「115円で人生を逆転させる」

 というテーマでお届けいたします。


 どうか最後までお読み下さいませ。


■ここしばらくのメルマガは、

 「危機管理」

 のことが続きました。


 正直、いい加減、飽きてきた、

 という読者さんもいらっしゃることと
 思います。


■ただ、誤解して頂きたくないのは、
 私は、

 「ただ、守りを固めさえすればよい」

 といっているわけではない、

 ということ。


■人生も、経営も、ビジネス、
 その他何事においても、


 「攻めと守りは表裏一体」

 「攻守いずれも大切」


 ということをお伝えしたいのです。


 これはスポーツで考えると分かりやすい
 かもしれませんね。


■サッカーでも野球でも、

 守りがしっかりしているから、
 積極的に攻められる。


 同時に

 前に攻めていこうと思ったならば
 守りをしっかりと固めておく必要が
 あります。


■そうお考え頂ければ、

 「攻守の二つは、不即不離」

 ということが、より分かりやすくなる
 のではないでしょうか。


■攻めなき守り、はありえませんし、
 (攻めなければ勝てません)

 守りなき攻め、もありえません。
 (守らなければ勝てません)。


 要はどちらの側面から語るか、
 ということです。


■だから書店に行けば、

 たとえば人生、経営、ビジネスについて、

 攻めと守り、両方のテーマについての
 専門書が必ずあるはずです。

 両方大事で、いずれか一方を捨てておく
 わけにはいかないから。


 あるいは、自伝などを読んでみても、

 長らく、残り続けてきた経営者の言葉には、
 必ずこの両面が語られているものです。


■ここしばらく、守ることばかり書いて
 きましたけれども、

 いうまでもなく、守ることそのものが
 目的なのではありません。


■人生、あるいは経営、ビジネスといった分野に
 おけるミッションを果たす(勝利する)ため、

 時に攻めを強く意識し、
 時に守りを強く意識する、

 という流れのようなものがある、

 というだけの話なのです。


■このところ、

 たまたま、こういう時期だからこそ、
 あえて「守り」の話ばかり書いてきましたが、


 本来は、いうまでもなく、

 「攻めているから守る余力も
  生まれてくる」

 というのが正しい順番です。


■何かに備えようと思ったならば、
 現実問題として、

 時間、お金、人間関係、その他、
 さまざまなものを

 「攻めて、手に入れる」

 必要があるのです。


■そうやって

 「手に入れたものを、守りに投じる」

 という順序でしょう。

 最初から最期まで防戦一方では、
 攻勢に転じることはできません。


■私が徹底して、「守り」に様々な資源を
 投下できるのも、

 「攻めダルマ」となって、
 攻めて、攻めて、攻めまくった時期が
 あったから。


 そんなわけで、
 今日は久しぶりに「攻め」の話をしようと
 思います。


■以前からの読者さんはよくご存知の
 とおり、

 今から8年ほど前、私は当時、勤めていた
 某外資系企業の倒産の渦に巻き込まれ、

 【 失業者 】

 になりました。


■「失業者」はみじめなものですよ。

 用事もないのに、ご近所さんの手前、
 朝早く起きて、スーツを来て、出勤(?)し、

 夜になるまで喫茶店をハシゴしたり、
 ときに京都や奈良の散策なぞをしてみたり、
 (当時は大阪在住でした)

 しながら時間を潰す。


 たまの休暇ならばいいけれど、
 さすがに毎日は辛い。

 正直、二度とやりたくない体験です。


■しかし、このときの経験が原体験となり、


 「想定外」

  (例えば、この時であれば勤務先が
   倒産するという事態)

 を想定しておくことの必要性を、

 平均的な人よりも強く感じるように
 なったのだと思います。


 ※実際に私は、駅のプラットホームの売店に
  売られている夕刊で、勤務先の倒産を知りました。


  今だから笑い話で済ませられますが、

  まさに「唖然」、
  まさに「想定外」、

  の出来事でありました。


■だから、その時以来、


 「これからは、二度と自分以外の他者に
  自らの運命を委ねない」

 「自分の人生は、自分がコントロールする」


 と固く心に誓い、
 攻めて、攻めて、攻めまくったのです。


■そこから、自分なりに、

 「起死回生の逆転ホームラン」

 を放ち、

 なんとか自分の手で自身の運命を
 切り拓き、ご飯を食べられるように
 なりました。


■その考え方、あるいは具体的な行動に
 ついて、

 過去のメルマガで数千日にわたって
 自らを実験台にして、

 実況中継的に配信を続けてきたのです。


■そして今。

 こういう時期だからこそ、
 そのエッセンスを皆さまにお届けし、

 「攻めの姿勢や考え方」

 をお伝えしたい、と思いました。


■数年前に発売した拙著、

 『「かけ算」思考ですべてが変わった』

 をいつでもどこでも、手軽に読めるよう、
 iPhoneアプリとして、提供することに
 いたしました。


 上述のとおり、この本(アプリ)では、

 失業時代から、どのようなプロセスを経て、
 起死回生を図ったか、を書いています。


■関係する企業の皆さまと
 打ち合わせした結果、

 「350円」で発売する、
 ということになったのですが、

 『本日から3日間のみ、限定で』

 115円で手に入れて頂くことができます。


■先行きが見通せない時代だからこそ、
 攻めの姿勢と行動力を身につけるため、


 『「かけ算」思考ですべてが変わった』
             (iPhoneアプリ版)


 をぜひ、iPhoneをお持ちの方は
 ダウンロードし、お読み頂ければと思います。


 <「かけ算」思考ですべてが変わった
             (iPhoneアプリ版)

  ダウンロードはこちらから>


■一家に一台、もとい、
 一端末に一つ、

 ダウンロードしていただき、
 スキマ時間にでも目を通して頂ければ
 嬉しいです。


■一項目ごとに独立した話なので、
 お好きなところから、パラパラ眺めるだけで

 「平成進化論」

 のエッセンスを効率よく、吸収して頂けるかと
 思います。


■どうぞ、115円で「人生を逆転」させて下さい。


 <「かけ算」思考ですべてが変わった
             (iPhoneアプリ版)

  ダウンロードはこちらから>


■「攻めるために、守る」
 「守るために、攻める」

 そんな考え方を学んで頂ければ幸いです。


 今日も人生とビジネスを楽しみましょう。


カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。