毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2734号 自社メディアは打ち出の小槌


■唐突ですが、もし今、私が

 「1億円をあげるから、
  平成進化論というメディアを売ってくれ」

 と言われたらどうするか。


■答えは決まっています。

 即刻、そのご提案はお引き取り願い、

 引き続き、このメールマガジン(平成進化論)を
 執筆、発行し続けます。


■というよりも、

 実は創刊1年くらいしたときに
 いくつかの付帯条件付きではありましたが、

 「8000万円で、
  メルマガと、向こう1年間の私の身柄(汗)」

 をセットで売ってくれないか、という内容での
 提案をもらったことがあります。


■そのとき、

 「事業立ち上げて、わずか1年で8000万!?(嬉)」

 と実は一瞬、心が揺らいだのですが(笑)

 (なんといっても、そのほんの少し前まで
  収入ゼロの失業者でしたから。これは凄い!と)


 でも、考えて見れば、
 将来、この媒体がどれほどの金銭的な、

 そしてそれ以上に非金銭的な価値をもたらして
 くれるかに思いをいたせば、

 結局のところ、
 検討する余地などどこにもありませんでした。


■特に、それまでにメールマガジンを通じて
 築いてきた人間関係が、

 売却と同時に断ち切られることを考えたら、
 そんな決定を行えるはずもなかったのです。


■ましてや、現在であれば、

 これがたとえ3億、あるいは5億、という金額で
 買収提案を受けたとしてもお譲りすることは
 ありません。


 私にとって、「平成進化論」は発行し続ける限り、
 有形・無形の価値を無尽蔵に産み出してくれる

 「打ち出の小槌」

 といってよいからです。


■たとえば仮に、

 明日、形ある財産を全て失ったとしても、
 私がこれまでに蓄積してきた無形の財産

 (それは過去築いてきた世界認識や、価値観、
  知識や経験、スキル、ノウハウ、リアルネットワークなど)

 と、それを伝達する術である、
 このメールマガジンさえあれば、

 いつでも即日、立ち上がることができるから。


 すべては「平成進化論」というメディアを
 暖め、育んできたからこそ、可能になるのです。


■そういう状態になると、
 果たしてどんな感情が生まれるかというと

 「絶対的な安心感、安定感」

 が生まれます。


 いま、仕事をしている少なからぬ人は、
 安心感、安定感を求めて、一生懸命働いている
 ようです。


■特に今のような不透明、一寸先は闇、の
 時代にあっては、

 「失う恐怖」

 が様々な制約に自らを縛り付けるのです。


■しかし、どんな大きな会社に所属していても
 倒産、買収、リストラに遭うのリスクはゼロには
 なりません。


 どれだけ高い能力を身につけても、
 その価値を適切に理解し、

 買ってくれる人が身近にいなければ、
 その価値は顕在化されません。


■あるいは、

 仮に宝くじで3億当たっても、
 ハイパーインフレが来たら一巻の終わり。


 それどころか、本来喜ぶべきことである、
 長く生きること自体、

 「長生きリスク」と呼ばれるリスクとして
 認識されていたりする始末。

 そんな悲しく、展望の開けない状況となって
 いるのが現在の日本です。


■そんな中で、

 現在から将来にわたって、
 安心、安定を得ようと思ったならば、

 遠回りに見えるかも知れないけれども、
 地道に、着実に、時間をかけて、

 能力を磨き、そして、その能力を喧伝する場まで
 自ら用意し、

 そこで情報を発信し続け、
 信頼と実績を積み重ねていくしかありません。


 「その場が自分の身を守ってくれる
  プラットフォームとなる」


 のです。

 私はこれまでそういう場を育むつもりで活動してきたし、
 これからもその姿勢を踏襲していこうと思っているのです。


■冒頭でも申し上げたとおり、

 このメールマガジンを創刊し、
 さらに一年後に売却を打診されたとき、

 いろいろな思考実験を行い、
 仮説を立てました。


 そこで考えたことは、
 これをこのまま続けていけば、

 どう考えても、単なる金銭的な価値以上のものが
 ここに生まれてくるに違いない、

 ということでした。


■以降、引き続いて7年近くの間、

 発信、継続してきたら、結果として、
 やっぱり安心、安定、

 という多くの人が求めているけれども、
 なかなか手に入れ難いもの、

 が手に入るようになったのです。


■自らの活動を通して、
 こういったことが分かってきました。


 誌面に限りがあるので、
 これ以上、詳しいことはここでは書けませんが、

 実は、私がどうやって媒体価値を高め、
 「安心、安定、逓増」のメディアを作っていったのか、

 という具体的方策、秘中の秘(笑)を、

 既に親しくなり、勝手分かった!?
 過去の3日間セミナー参加者に限定して
 ご案内した、

 (再来週開催の)「情報発信セミナー」

 にて、お届けする予定です。


■セミナーに参加下さる皆さまは、
 ぜひ楽しみにしてお待ち頂ければと思いますし、

 そうでない皆さまは、

 これを機に、ぜひ自社メディア(自分メディア)を
 立ち上げる、

 あるいは、

 自社メディア(自分メディア)の価値を高めることを
 ご検討されてみては、

 とお勧めする次第なのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自社メディア(自分メディア)を暖め、育むことで    ビジネスや人生を「安心、安定、逓増」化させることが    できる。   ■いまだメディアを持たない方は、メディアを立ち上げる。    メディアを持っている方は、暖め、育むことに力を注ぐ。    それが遠回りのように見えて、今の時代においては、    最高に有効、有用、有益な投資となるのではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。