毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2703号 さだまさしさんの「曲作り」


■たまに紹介していますが、

 私は日経新聞夕刊の「プロムナード」という
 連載エッセイを毎日楽しみにしています。

 いろんな方が日替わりで、エッセイを執筆されて
 いるのですが、

 2011年2月4日は、
 さだまさしさんが

 「曲作り」

 というタイトルで書いていらっしゃいました。


■あまり長々と紹介するのもアレなので、
 私がもっとも感銘を受けた一節だけご紹介すると、


 「曲作りは僕のこの1年かの経験や読書や
  見聞の栄養が直ぐに分かる。

  貧しい経験値からは痩せた歌しか生まれない。
  厳しいが楽しくもある」


 という箇所に心を打たれました。


■たかがメルマガ、ではありますが、
 私にとっては、されど、メルマガ。

 さだまさしさんにとっての「曲」を「メルマガ」に
 置き換えてみると


 「メルマガ執筆は僕のこの1年かの経験や読書や
  見聞の栄養が直ぐに分かる。

  貧しい経験値からは痩せたメルマガしか生まれない。
  厳しいが楽しくもある」


 ということで、すごくしっくりくるのです。

 さだまさしさんには、
 本当に失礼なことを承知のうえで、なのですが。


■日々、文章を書き続けていると、

 自分のここしばらくの経験や、そこに紐づいた
 現在の感情がダイレクトに反映されていくのが分かります。

 そして、たしかに貧しい経験しかしていなければ
 (=怠けていたら)

 内容の乏しい、まさに「痩せたメルマガ」しか
 生まれない、ということが

 (読まれている方にとってはどうか分かりませんが)
 自分自身の体ではハッキリと分かるのです。


■ということで、

 私も2700回以上に渡ってメルマガを書き続けて
 きましたが、いろんな経験を重ね、見聞を広げ、

 さらに

 「厳しいが楽しくもある」

 世界を楽しみながら、
 生きていこうと思っています。

 今日は短めに。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■さだまさしさんにとって「曲作り」は    「曲作りは僕のこの1年かの経験や読書や     見聞の栄養が直ぐに分かる。     貧しい経験値からは痩せた歌しか生まれない。     厳しいが楽しくもある」    というものだそう。   ■私(鮒谷)にとっては、「曲」=「メルマガ」と    置き換えてもこの言葉はしっくりくるし、    読者各位の専門を「曲」=「◯◯」と置換しても、    しっくりくるのでは。   ■いや、しっくりくるような、そんな生き方をして    いきたいと思う。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。