毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2669号 記憶定着率を劇的に高めるシステム


■これは面白い話を聞いた!

 いい本を読んだ!

 珍しい経験ができた!

 あなたの生活の中にも、そんなことが日々
 おありのことと思います。


 ところが、その定着率となると、どんなものでしょう?

 せっかくの貴重な知識・体験が、
 なかなか記憶に定着せず、
 お悩みの方も少なくないのでは。


■かくいう私も、悩んでいました。

 昔から、けっこう本は読むほうでしたし、

 人にも会うほうだし、
 講演やセミナーにも足を運ぶことが多かったのですが、

 まったくといっていいほど、
 その内容が定着しない。。。

 「おれって、アホなんじゃなかろうか?」

 と真剣に悩んだものでした。


■しかし、それは単に


 【 記憶を定着させるシステムを持って
   いなかったから、定着しなかっただけ 】


 だったことに、やがて気が付きました。


 然るべきシステムさえ稼働させていれば、

 インプットした情報の
 「脳内残存率」(とでもいうのでしょうか)を、
 劇的に向上させることができるのです。


■実は、

 よく知られていることですが
 記憶が定着するかどうかは、

 「いかに反復したか」

 の反復回数でおよそ決定されます。


■本を読んだ、

 人から話を聞いた、

 セミナーを受講した、

 自ら体験して気づきを得たときは、

 まずは1回、情報が脳内を回ったことに
 なります。


 問題はその後。


■そのときに【 メモ 】をとっていれば、

 同じ情報を2回、脳内を回していることになります。


 次に

 【 メモした内容を清書する(再編集する)】

 なら、3回、回すことができます。


 これにはブログやメルマガが向いています。

 非公開の日記でもいいのですが、
 できれば、公にすることが望ましいのです。


■というのも、【 フィードバック 】をいただけるので、

 4回目として、

 感想を読んだり聞かせていただいたときに

 「ああ、そんなことを私は書いたのだなあ」

 と思い出せる。


■さらに、
 そうやって記録をアップしておけば、

 必要に応じて検索をかけたりしながら、
 いつでもどこでも気軽に【 読み返す 】ことが
 できます。

 これで、最低5回は、情報が脳内を循環します。


■あとは、読み返すたびに6回、7回、、、と
 増やしていけるのです。


 明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ずっと記憶に留めておきたいと強く思った知識・経験も、    翌日になると思い出せなくなっていたりするものだ。   ■それは記憶力に問題があるのではなく、単に定着させるための    システムを稼働させていないから。   ■新しい気付きや学びを得たら、とにかくメモをとろう。    これで情報は2回脳内を回る。   ■さらにそれをブログやメルマガに書く。これで3回。   ■フィードバックをいただければ、再び記憶が呼び起こされる    ので、4回。   ■そして記事を読み返せば5回。最低これだけは回せるのだ。    このシステムを稼働させることで、記憶定着率は劇的に    向上する。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。