毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2657号 平成進化論の二つの機能


■昨日の話を続けます。


 「平成進化論」とは、一体何なのか、と
 きかれたら、

 さまざまな答え方ができますが、

 一つには

 「無形資産の逓増システム」

 であるといえるでしょう。


■利益のためだけであるとか、
 認知度を高めることだけが目的なら、

 必ずしもメールマガジンを発行しなければ
 ならない理由はないのですが、


 露出は、単なるイメージ露出に終わらせてはならず、

 そこからいかに関係を維持・発展させるか、
 が大切で、


 私は、メルマガを発行することで、

 皆さんとの信頼・共感のネットワーク(=無形資産)
 を逓増させたいと思っているのです。


■読者の数が増えることも嬉しいものですが、
 もっともっと重要なのは、

 自分と関係を持った人
 (ご飯を食べたり、面談させていただいた人など)と、

 その関係性を、
 一回こっきりで断ち切ってしまうのではなくして、

 どれだけ、深く、かつ継続的な関係を
 維持することができるか。


 そのための道具としてのメールマガジン、
 という機能こそが、

 実は「平成進化論」に最も期待している
 ことなのです。


■それにプラスして、

 「平成進化論」は、実際にお会いするための
 キッカケとしてのツール、

 とも考えています。


■一度もお会いしたことがない人でも、
 ずっと継続的にメルマガをお読みくださることに
 よって、

 それはそれでお互いに一つの関係性を
 築けるわけですが、


 やっぱり、「会うに如かず」である、と
 私は考えていて、

 読まれている方と、いずれ、どこかで
 お会いさせていただく機会も生まれてくる。

 その一つのキッカケとしてメルマガを
 発行しているのです。


■あるいは、

 メルマガを通して私の人となりを認識して
 いただいていると、

 実際にお会いしたとき、より速やかに関係性を
 築くことがでるというメリットもあります。


 そんな二つの役割を、
 「平成進化論」に持たせているのです。


■大事なのは、

 このメルマガを通して、
 本当に私のことをよく知ってくださる人が、

 どれだけいらっしゃるのか、という、
 その【 密度の濃さ 】なのです。


■直接的に、あるいは間接的にであってでも、

 私と濃い関係性を保ってくださる方が
 100人になり、300人になり、500人になり、

 1000人になり、2000人になり、3000人になり、
 5000人になり、

 というふうに増えていけば、
 その方々とのつながりが私にとって一番の財産と
 なるのです。


■地味で地道なプロセスですが、地道なるがゆえに、
 時間を味方につけながら継続していくと、

 そのつながりの中から途方も無い力が
 生まれてくるもの、

 と信じているのです。


 まさに私の大好きな言葉

 「逓増」

 のイメージです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■メールマガジンを発行していて嬉しく、そして有り難いのは    発行者(鮒谷という人間)に共感し、信頼下さる方が    登録してくださっていること。   ■淡くて広い関係よりも重視するとともに、さらに深くて密度の    濃い関係を築いていくことが大切で、    特に後者の関係性を「平成進化論」で育てたいと思っている。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。