毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2656号 認知 → 理解 → 信頼・共感


■昨日書いた

 「私(鮒谷)は、メールマガジンを
  ビジネスのために書いているのではありません」

 についてですが、少々、語弊がありますね。
 改めて少し補足したいとおもいます。


 ビジネスのため「だけ」に書いているのでは、
 ないのです。


■そもそも、

 利益を出すことだけが目的であるなら、
 他にいくらでも方法があるのですし、

 認知度を高めるにしても、
 別段、メルマガではなくとも、

 一挙に効果が波及するタイプのメディアに
 露出すればよいだけのこと。

 必ずしも、メールマガジンでなければ
 ならない理由はありません。


■ただ、私が求めているのは、

 「自らの成長、および、信頼・共感の
  ネットワークを逓増させていく」

 ことであって、
 この「平成進化論」は、そのために書いているのです。


 いわば【 無形資産の逓増システム 】として
 メルマガを機能させている、

 といえましょう。


■露出を広げるのは、簡単なのです。

 メディア関係者に営業かけたり、
 本を出したり、

 あるいは、

 お金をかけて各種広告によって
 認知度を高めることも可能です。


 (いうまでもありませんが、私はこれらを否定して
  いるわけではなく、もちろん、必要に応じて行う
  べきことだと思っています。

  わたしもやってきた時期がありますし)


■ところが、

 これを単発の露出(≒イメージ露出)で
 終わらせては、あまり意味がありません。


 そうやって広げた認知を、
 次は維持することが大切で、

 それに時間と労力がかかるし、
 かけていかねばならないのです。


■メールマガジンでいえば、
 読者登録していただいたなら、

 そこで一つの新しいネットワークが
 生まれたことになるわけですが、


 実は大切なのはそこからで、


 継続的に、私の存在および私の所有する資源を
 【 認知 】してもらって、

 認知してもらえたら、
 さらに、【 理解 】していただきたいし、

 ご理解いただけたなら、
 それを越えて、

 【 信頼 】や【 共感 】が生まれてくれれば。


 そんな期待を込めて、
 私は「平成進化論」を発行しています。


■このメルマガに登録してくださる方は、

 会食を共にした人か、
 一度でもお会いした人、

 あるいは、どこかで「平成進化論」を知られ、
 関心を持ってくださった方々。


 ですが、その方と、私との間で、
 感性の「合う・合わない」が出てきます。


 擬似的なつながりとはいえ、これも一つの
 人間関係ですから、

 当たり前ですが、解除される方は
 解除していかれます。


■すると、私とつながっていて下さる方々との
 関係性の密度がだんだん濃くなってきます。

 こうして深く繋がってくださった方々こそが、
 私にとっての財産だし、大切にしたいと
 思っているのです。


 さらに、明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■認知度を高めるだけならば、いろんな広告手段がある。   ■だが、単発の露出(≒イメージ露出)に終わらせては    あまり意味がない。   ■そこからいかに関係を維持・発展させるか、に注力すべき    ではないだろうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。