毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2648号 型に忠実な人が、型破りな存在になる


■将棋を指しても、
 素人は思い付きで打っていくだけです。


 しかし本来、攻めには「攻めの型」が、
 守りなら「守りの型」が存在します。

 まずはこれを知っているかどうか、
 それが素人か、そうでないかの分かれ目と
 なるでしょう。


■では、型とは何でしょうか。

 将棋であれば、

 過去、長きにわたって、膨大な数の人たちが
 気の遠くなるような努力で蓄積した、

 「こんなときはこうするのが最善」

 と判断した手のことです。


■型を学ぶことは、

 そんな優れた先人の知恵と努力の結晶を
 一気に引き継ぐということ。

 逆に、

 型を学ぼうとしないのは、
 この財産を無視することとイコールといっても
 過言ではありません。


■翻って、あなたはどのジャンルを極めようと
 されているでしょうか。


 一流への道を歩むには、
 まず当該ジャンルにおける型を知ることが大切です。


 マーケティングならマーケティングの型、

 セールスならセールスの型、

 IT活用ならIT活用の型を、

 まずは徹底的に学習する。


 それによって、誰でも中級から上級手前までは
 一気にたどり着くことができるようになるでしょう。


■もちろん新たな型を創造する人もありますが、

 それにしても、
 いきなり独自の方式を採っていたのではなく、

 むしろ、既存の型をすべて身に付けていた
 からこそ、

 自分に合うものを取捨選択、融合、変化させる
 ことができたのです。


■そこまでいけば超一流。

 ただし、まずは型を把握するところから
 始めなければならないことを知らねばなりません。


 【 型に忠実な人こそが、型破りな存在になれる 】


 のです。


 明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■将棋の世界では「相手がこう指したら、こちらはこう指す    べき」という最善手の研究が積み上げられて定跡(型)が    生まれた。   ■型を学ぶことは、過去の先人の膨大な知恵と努力の結晶、成果    を一気に引き継ぐこと。    型を知ろうとしないのは、その財産を一切無視することだ。   ■一流への道を歩むには、まず当該ジャンルにおける型を    徹底的に身に付ける。   ■そうやって型に忠実であった人だけが、初めて型破りな存在に    なれるのだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。