毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2616号 58面体ブリリアントカットで輝きが増す


■このメールマガジンをお読み下さっている方の中には、

 ブログやメルマガ、SNS等で情報発信している方が
 少なからずいらっしゃることでしょう。


 情報発信の方法論については、これまでにも
 十二分以上に書いてきましたが、


 【 情報発信することで多面体をつくる 】


 という発想を持っておくとよいことに、
 最近、気づいたのでご紹介したいと思います。


■いつも書いていることですが、

 対外的に自己を開示していくことによって、
 信用という財を築けるわけですが、

 言うまでもなく、いちどきに自己の情報を
 すべて開示することはできません。


 そこで、
 こんな多面体をイメージしてみてはどうでしょう。

 http://rika2.seesaa.net/article/34044591.html


■この多面体の全貌があなただとすると、

 一回、何かを書いて配信したということは、
 多面体の一面を、読む人に見せたということ。


 これを2回、3回、5回、10回、、、
 と続けて発信しているうちに、

 少しずつですが、相手の脳内で
 あなたの人となりが「3D化」されていきます。


■この作業は、ダイヤモンドのカットの工程に似ています。

 古来から、ダイヤモンドの美しさを引き出すために
 様々な試みがなされましたが、

 なかでも、17世紀に考案されたブリリアントカットが
 最も美しいといわれます。


■20世紀になると、
 マルセル・トルコフスキーという数学者によって、

 数学的に計算し尽くされた理想的な
 ブリリアントカットも判明しました。

 ダイヤモンド上部から入った太陽光が、
 すべて内部で屈折し、上部から放たれる、
 というもので、

 理想的なカットであることから、
 別名をアイディアル・カットとか、

 この学者の名を冠してトルコフスキー・ブリリアント
 ともいわれます。


■このブリリアントカット(トルコフスキー・ブリリアント)が、

 今日、私たちがよく目にする(滅多に目にしない?笑)
 ダイヤモンドの形で、

 「58面体」

 で構成されています。


■美しいダイヤモンドも、カットにカットを
 重ねられて初めて、輝きを放つようになるのです。

 あなたもまた然り。


 1回の情報開示は、1回のカッティング。

 カッティングできた面の数が増せば増すほど、
 あなたの輝きも増してくるのです。


■自分という像を、一気に見せることはできないし、
 また、見せるものでもないでしょう。

 削っては一断面を見せ、

 削っては一断面を見せているうちに、

 少しずつ、多面体の全体像を浮かび上がらせていく。


■そうして、あなたの「3D化された立体イメージ」を
 予め見てもらっておくと、

 いざ対面で初めて会ったときにも、
 人間関係の構築がスムーズになります。


 相手が、あなたという宝石の価値を
 既に認識してくれているはずだからです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■ブログなりメルマガなりを、一回、発信すれば、読む人には    あなたの一断面が見える。   ■2回ならば2つの断面、5回ならば5の断面、10回なら10面    と、しだいにあなたの全貌に近いかたちが明らかになって    いく。   ■こうして読み手の脳内にあなたという像が多面体のように    描かれるほど、「3D化されたイメージ」であなたという    宝石の価値がハッキリしてくる。それが信用となる。   ■継続して自己を対外的に開示していくことで、あなたなりの    アイディアル(理想的な)カットを目指していかれては    どうだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。