毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2593号 才能より「継続は力」が勝つ


■先日より長谷川和廣さんの


 【 今日のお薦め本 2000社の赤字会社を続々と救った!
           ─社長の手紙 若い人たちに贈り続けた大切なこと  】

                              長谷川 和廣 (著)    プレジデント社


 の書籍を引用しながら、感じたことをお伝えしています。


■今日、引用させていただくのはこちら。


 ------------------------------------------------------------

      【 才能より「継続は力」が勝つ 】


 私自身がそうでしたが、特別な能力を持っていない人が
 上に行くためには、何をすればいいのか──。

 結局のところ、継続は力なりで、昨日より今日、今日より明日、
 明日よりは明後日というように、ちょっとした努力を
 積み重ねて成長するしかないのです。


 私が自分のビジネスキャリアとして十條キンバリー、
 ゼネラルフーズなどの外資系の企業で生き残れた土台として、
 まずは二〇代の間に英語を自分のものにしようと考え、
 一日に三〇個の英単語記憶を課したのです。

 それを三六五日、一年間続けると約一万一〇〇〇語の単語が
 頭のなかに入っていました。


 京セラ創業者の稲森和夫さんも、
 「仕事の創意工夫を、毎日毎日、三六五日続けることが
  成功につながる」と言われたそうです。

 一日に三〇分でいいのです。
 仕事のため、自分のために勉強を続けてください。

                      (引用ここまで)
 ------------------------------------------------------------


 長谷川さんはここで


 【 才能より「継続は力」が勝つ 】


 といわれています。


■「継続は力」とは言い古された言葉、

 と思われるかも知れませんが、
 勿論わたしも

 「継続は力」

 の格言の信奉者です。


 能力とかに関係なく、

 「時間の力を味方につける」

 ことができるから。


■このメールマガジンもまさにその通りで、
 不特定多数の方々に向けて、対外的に情報発信をし続けて
 約2600日が経過しました。

 この蓄積のおかげで
 (これはある方からいわれたことの受け売りなのですが)


 ▼「一人」で生きる力を身につけた

 ▼言葉を操る能力が得られた

 ▼広い情報網を得ることができた

 ▼時間・空間を超えた生活圏、ビジネス圏を手に入れた

 ▼誰にも拘束されずに生きている


 といったものを得ることができました。


■毎日毎日の積み重ねはたいしたことはなくても、
 これが積もると凄いことになります。

 長谷川さんは同著の中で、


 「私が自分のビジネスキャリアとして十條キンバリー、
  ゼネラルフーズなどの外資系の企業で生き残れた土台として、
  まずは二〇代の間に英語を自分のものにしようと考え、
  一日に三〇個の英単語記憶を課したのです。

  それを三六五日、一年間続けると約一万一〇〇〇語の単語が
  頭のなかに入っていました」


 と記されていますが、

 毎日少しづつでも継続していくことにより
 1年後、数年後、十数年後、数十年後には非常に
 大きな資産が蓄積されていくこととなります。

 これは有形のものも無形のものもそう。


■「時間を味方につける」威力はやった人にしかわかりません。
 私もやってみて、そのリターンの大きさに驚愕しています。

 お互い、毎日一歩づつでいいので、
 何か一つ、着実に実践していきたいものですね。


 【 今日のお薦め本 2000社の赤字会社を続々と救った!
           ─社長の手紙 若い人たちに贈り続けた大切なこと  】

                              長谷川 和廣 (著)    プレジデント社


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■長谷川和廣さんは「才能より『継続は力』が勝つ」と    いわれている。   ■継続することで「「時間の力を味方につける」効果は    想像以上に大きいものだ。   ■継続した人だけが分かるその威力、やった人はみな、    そのリターンの大きさに驚く。   ■お互いに倦まず弛まず、毎日着実に歩みを進めていきたい    もの。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。