毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2580号 JR九州会長・石原進さんの6つの金言


■昨日に引き続き、

 以前、日経新聞「あすへの話題」欄から、
 私が切り抜いておいた記事をご紹介します。


■内容は、JR九州会長・石原進さんのコラムです。

 石原さんが、
 「バッカーズ九州寺子屋」という、小学校高学年から中学生
 対象の私塾に、講師として招かれたときのこと。

 さて何を話そうか、とメモしていったのが
 次の6点だったそうです。


  ▼目標を持とう

  ▼積極的にチャレンジしよう

  ▼本を読もう(特に偉人伝)

  ▼よく学び、よく遊ぼう

  ▼「ひゞのをしへ」を読もう

  ▼世界で活躍できる人になろう(そのために英語力を磨こう)


 「ひゞのをしへ」というのは、記事から引用すると

 「福沢諭吉が息子たちのために日々書き与えたもので、
  うそをつくべからず、
  ものをひらふべからず、
  父母にきかずしてものをもらふべからず─といった教訓集」

 とのことです。


■講義の対象者は、小学校高学年から中学生。

 これまでに何度か中学生のメルマガ読者さんから
 メールをいただいたことがあります。

 今もひょっとしたら、
 この年代の読者さんがいらっしゃるかもしれませんので、
 上記、参考になるところがあるかと思います。


■では、大人は、この6箇条はもういいのかというと、

 大人にとっても大事なことではないでしょうか。

 一つ一つ見ていくと、
 痛いことばかり書いてあります。


■まず「目標を持とう」とのことですが、

 「目標だ大事だなんて、当たり前だ。よく分かっている」

 と思いがちです。
 しかし、

 「私は目標を持っている」

 と、本当に自信を持って言えるでしょうか。
 胸を張れる人は、それほど多くはないのでは。


■次に「積極的にチャレンジしよう」。

 大人になると、初めて体験することが減っていきます。
 もしかしたら子供たちに負けているかもしれません。

 だからこそ、より積極的に新しいことに挑戦していきたい
 もの。


 3つめが「本を読もう(特に偉人伝)」です。

 このメルマガの読者さんなら、
 よく本を読まれる方は多いと思いますが、

 自信を持って、自分は読書家だと言える人は
 少なくなるかもしれません。


■4つめ、

 「よく学び、よく遊ぼう」。

 仕事以外に見聞を広げる活動を遊びと呼ぶとするならば、
 本当に「遊んで」いるでしょうか。


 5つめ。

 「ひゞのをしへ」を読もう、とのことですが、
 この本の内容は徳育的なものですから、

 「徳を身に付けよ」

 ということでしょう。

 果たして実践できているでしょうか。
 私としては、この項目が特に耳に刺さります。


 最後に

 「世界で活躍できる人になろう(そのために英語力を磨こう)」。

 これも大きく反省。
 私は、英語力、まったく落第です。


■いずれも「子供に対する訓話だろう」と流すことは
 簡単ですが、

 まともに受け止めようと思ったら、
 一つ一つが、胸にズッシリ響きます。


 この6つの教訓は、老若男女問わず、

 自分の未来、そして日本の未来を切り拓いていこうと
 するならば、胸に刻んでおくべきことと思い、

 ご紹介させていただきました。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■JR九州会長・石原進氏が、小学校高学年から中学生に    与えた6箇条。    ▼目標を持とう    ▼積極的にチャレンジしよう    ▼本を読もう(特に偉人伝)    ▼よく学び、よく遊ぼう    ▼「ひゞのをしへ」を読もう    ▼世界で活躍できる人になろう(そのために英語力を磨こう)   ■子供にとって大事なことであるとともに、大人にとっても    大切にすべきことではないか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。