毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2548号 脅威に対して有効な言葉によるマスク


■先日、「心は実験できるか」という本を読みました。


 【 今日のお薦め本 心は実験できるか
                        ─20世紀心理学実験物語】

     ローレン スレイター (著), Lauren Slater (原著), 岩坂 彰 (翻訳)


 いまちょっと人に貸していて手元にないので、
 正確に引用できないのですが、


 「脅威に対して有効な、言葉によるマスクがある」


 といったような趣旨の一節がありました。


■言葉によって我々は様々なことをを学習することが
 できますが、様々なことを予め学習しておくことによって、

 それがマスクにもなりワクチン代わりにもなり、
 予防につながる、

 ということだと理解しました。


■「知っていること」自体が、予防につながることは
 よくあります。

 例えば、

 あの手この手で購買を促そうとする
 種々のアプローチに対して、

 ある特定の知識があれば、

 ムダなものを買わずにすんだり、
 だまされずにすんだりすることがあります。


■私の事務所の本棚には、
 「脅威に対する予防コーナー」とでもいうべき
 一角があって、そこには、


 詐欺、

 恐喝、

 ヤ○ザ、

 アンダーグラウンド、


 などの、

 「生きている間に遭遇しそうな落とし穴」

 に関する書籍群が
 ある一定のボリュームを占めています。


■有名なものとしては、入門編としての漫画、


 【 今日のお薦め本 ナニワ金融道】


 とか、こちらとか、


 【 今日のお薦め本 ミナミの帝王】


 【 今日のお薦め本 クロサギ】


 などというものはもちろん書棚に入っていますし、


 また、これらを素材にした解説書的な本とか、

 さらに日本の黒幕とか、ヤ○ザ抗争ものとか
 アングラビジネス、閨閥系とか、

 エッセイ、小説、別冊宝島などの軽い読み物系から
 心理学・法律系の専門書、

 バブル期のシノギ系の話とか、
 政界、経済界とそちら系とのつながりについて記述された
 ものとか、

 果ては詐欺全集、詐欺百科、みたいなものまで。


■もちろん、溝口敦、有森隆、宮崎学などの各氏の
 ものも一通り。

 怖いものみたさの新堂冬樹氏とかの一連の著作も。

 映画なら、こちらも定番ですが、
 スティングとか
 キャッチ・ミー・イフ・ユーキャンとか。


 【 今日のお薦め映画 スティング】


 【 今日のお薦め映画 キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン 】


 身を守るために、ということよりもホントのことをいうと
 かなり昔から興味本位で読み進めてきた、

 というのが率直なところかもしれませんが
 過去に読んできたこの手の本は優に数百冊は
 くだらないと思います。


■もちろん、インフルエンザの予防接種を受けても、
 かかるときにはかかりますし、

 花粉用のマスクをしても、
 花粉症の症状が出る人は出てしまうこともあります。

 いくら対策をしても
 完全に防げるわけではありません。

 しかし、予防によって身を守れることだってあるのです。


■実際のところ、私がまだ若かりし
 社会人1年目か2年目くらいのとき、

 これら著作を読んでいたおかげで身を守られた、

 とハッキリ断言できる出来事がありました。


 じつは私は、

 ヤ○ザのフロント企業とおぼしき会社で
 夜遅くに軟禁されたことがあるのですが、、、


 明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■脅威に対して有効な、言葉(知識)によるマスクがある。   ■ある特定の知識があれば、あの手この手のアプローチに    対しても、ムダなものを買わずにすんだり、だまされずに    すんだりもする。   ■様々なことを事前に学習しておくことが、マスクとなり、    ワクチン代わりともなり、甚大な損害の予防につながる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。