毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2541号 チャンスを引き出す「能力×愛嬌力」


■先日、モスフードサービス社長・櫻田厚さんの

 【 横柄・横暴・横着な人とはつき合わない 】

 という言葉をご紹介しました。


■最近、学生さんや若手社会人の方とお会いする機会が
 特に増えてきているのですが、

 そのとき感じることで、気になることがあります。


 以下はあくまで私の個人的感想であって、
 実際のところ、どうなのかは分かりませんが、、、


■お会いする方の多くは、
 非常に頭が良く、ヤル気も溢れているのですが、

 自分の能力をたのむところ大としているためなのか、

 心なしか
 (その方たちに自覚があるかどうか分からないけれども)

 【 横柄・横暴・横着 】

 な印象を受ける人が、時折、見受けられるのです。


■自信があるのは大変良いことです。

 ただ、その自信をあまりにもむき出しにして
 かえって相手が引いてしまう、

 という状況になることがあるのはどうなのかな、

 と。


■本当に自信があれば、殊更に誇示せずとも、
 その自信は相手に伝わるもの。

 なのに、(無自覚に?)無理をして懸命に
 自身を宣伝される姿に接しては、

 しばしば居心地の悪い気持ちになってくることが
 あるのです。


 大きなお世話かもしれませんが、
 (というか、きっと大きなお世話なのでしょうが)

 「こんな部分で(気づかないところで)
  損をしている人もおられるのではないか」

 と、危惧する次第。


■優秀な学生さんや20代の若手社会人が、

 先輩ビジネスパーソンによって指導、訓育を受け、
 引き上げられてチャンスをつかむ例は多くありますが、

 私の考える、そのために重要なことは次の2つです。


■1つは、【 能力 】。

 周囲の人がたのむこと大としているところの
 (そして充分それに値する)

 知識、スキルを始めとした結果を出す力。

 これにはヤル気、自信なども含まれます。


■そして、もう1つが

 【 愛嬌力 】

 だと思うのです。(明日以降、詳述していきます)


■この2つを掛け合わせた数値、すなわち


 【 能力 × 愛嬌力 】


 の総計、合計値が高いほど、

 先輩に見出され、早い段階でチャンスを与えて
 もらえる人だといえるでしょう。


 明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■最近お会いする学生さん、若手ビジネスパーソンには、    優秀、かつヤル気のある人が非常に多い。   ■能力は充分過ぎるほど持っているのは、少し話せばすぐ    分かる。だからこそ必要以上に力を込めて伝えることはない。   ■むしろ能力を誇示しようとする姿勢が、愛嬌をそぐ役目しか    果たさないとしたら、気づかないうちに大きな損失となる    可能性すらあるのではないか。   ■【 能力 × 愛嬌力 】の総量が高いほど、先輩に見出され    チャンスを与えてもらいやすくなるものだ。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。