毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2507号 あなた独自の成功方程式ノートを作る


■昨日は


 「世の中に流通している、たくさんの成功方程式すべてが
  自分に適用できるとは限らない。

  それらを参考にしながら、最終的には自らが取捨選択した
  独自の成功方程式を抽出・蓄積する必要がある」


 という話をいたしました。


■「世の中に流通している、すべての成功方程式が
  自分に適用できるとは限らない」

 というのは、そういう情報を参考にする必要がないと
 いっているわけではありません。


 多くの人が提唱している成果を生み出す方程式、原理原則、
 といわれているものを大いに参考にしつつ、

 その中から自分に有用であるものを抽出していくことが
 大切、ということです。


■そういったたくさんの情報に触れ、

 「これは使えるかも」

 と思ったものについては、すぐに実践してみて、
 結果、役に立ったものは

 「自分独自の成功方程式ノート」

 に書き加えていく。


■反対に

 「これはやってみたけれど、
  自分にはうまくいかなかった」

 というものは、「成功方程式ノート」には記載しない。


 あるいは、

 「これは使える」

 とおもって記載していたけれども、

 より成果を出せる「方程式」が見つかればノートを
 更新していく必要も出てくるでしょう。


■いずれにしても、日々、自分自身が

 <実践⇒そこから得られた結果>

 を判断していく過程の中で、

 【使える成功方程式、知識、ノウハウといったものを、
  自らの言葉で記述し、記録に残し続ける】

 ことが重要です。


■そんな風に考えると日記(というか成功日誌)を
 書くことは、多くの人たちが

 「これが成功の方程式だ!」

 といっているものを、自分自身が実験台として
 実践し、経験し、


 自分自身との適合度合いについて判断を下しながら、

 【 自分仕様の方程式 】

 に書き直すということでもあります。


■その伝でいくと、
 個人的な事例で恐縮ですが、私でいえば、

 自分が見聞してきた成功方程式のうち、

 「これは使える!」

 と思ったものを実践してきました。

 その中には、うまくいったこともあれば
 大失敗したものもあります。


 自らの身体を実験台として供し、この過程を繰り返し、


 「今日まで約2500の方程式を、私(鮒谷)独自の仕様に
  カスタマイズさせ、進化させてきた『成功方程式』が
  自分の手元にある」


 ということになりますね。


■たとえば私は、メルマガで

 「情報発信をしていく」とか、

 「人とのご縁をつなげていく」

 といった言葉を書く頻度が高いのを自覚していますが、
 これらは、自分にうまく適合させることができた

 「(鮒谷式の)成功方程式」

 ということになるのでしょう。


■しかし情報発信を全くせずに
 うまくいっている方もおられるでしょうし、

 ほとんど人とのつながりがなくても、
 豊かな生活を送っている人だっていらっしゃるはず。


 ですから、あくまでも私は、私自身の経験から
 導き出した成功法則として、個人的に

 「こうしたほうがいいんじゃないか」

 と言っている、ということです。


■そんな風に私にとっては最高の方法論であってでも、
 他の人に適用されうるかはわかりません。


 とはいえ、かなり多くの確率で有用なノウハウである
 という自覚なり自負なりはありますが、

 それでもなお、私向けにカスタマイズした、
 この「ピークパフォーマンス方程式」こそが絶対だ、

 なんて言うつもりもさらさらありません。


■したがって私は、私仕様の方程式を今度も追い求め、
 あなたと共有させていただき、

 あなたは、これを材料として、
 あなた仕様、あなた独自の方程式にカスタマイズして
 いかれるのが良いでしょう。


■最後にひとつ申し上げると、
 このカスタマイズ作業も、いきなりできることではなく、


 1、日々データを収集する(人と会い、本を読み、学ぶ)

 2、そこで得られたことをすぐに実践する

 3、その成果を注意深く分析して、成果が出たものを
   成果が現れなかったものを「仕分け」する

 4、成果が生まれるにいたった方法論やノウハウ、知見を

  「○○(ここにあなたの名前を入れてください)の
   成功方程式ノート」

  にまとめる


 といった4つのプロセスが必要であるということ。


■このプロセスのひとつでも欠いていたならば、
 何年、あるいは何十年経とうが、

 「一行の成功方程式も記述されない」

 ということとなります。


 反対に日々、このサイクルをまわす習慣を
 つけられた人からどんどん加速がついていくのです。

 また、そんな人を数え切れないくらい現実に見てきました。


 明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■「○○(ここにあなたの名前を入れてください)独自の        成功方程式ノート」を作ってみてはどうか。            ■そのためには以下の4つのサイクルを回し、継続して         記録をとり続けていく必要がある。                 1、日々データを収集する(人と会い、本を読み、学ぶ)       2、そこで得られたことをすぐに実践する              3、その成果を注意深く分析して、成果が出たものを           成果が現れなかったものを「仕分け」する            4、成果が生まれるにいたった方法論やノウハウ、知見を        「○○(ここにあなたの名前を入れてください)の           成功方程式ノート」にまとめる                ■このノートを継続的に更新していく中で、1年後、3年後、      10年後、途方もない無形の財産をあなたは手にしていることに     なるだろう。                       

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。