毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2409号 トップ5%に入るためのシンプルな心がけ


■昨日までに何回かしてきた話は、
 結局、何を言いたかったかといいますと、


 「物を売る前に、"関係性"を作ることが大事ですよ」


 ということです。


■日用雑貨とか100円均一のものを売るのであれば
 別として、

 少なくとも、ある一定以上の高額の商品やサービスとなれば、
 物を売る前に、

 【 お客様との関係性 】

 を築くほうが、優先されるべきではないでしょうか。


■誰でも、なるべくなら
 知らない人から物を買いたくないのです。

 滅多なことはない、と思っても、
 金銭のやりとりをするからには、トラブルが起きたり、

 下手をするとだまされるかもしれないリスクは
 常にあるわけで、

 その点、知人であればある程度の安心感をもって買い物を
 することができます。


■なのに、自身が何者かを十分に開示しないままで
 物を売ろうとする人の、如何に多いことか。


 極論すると、95%の人が相手との関係性を築かずに
 物を売っているように見受けられるのです。


■でも、これは、逆にいえば、

 面倒臭がらずに
 残りの5%のほうに入れば、

 好景気、不景気に関わらず、いくらでも物は売れる
 ことになります。


■昔から、


 「急がば回れ」

 「急(せ)いては事をし損ずる」

 「人の行くウラに道あり花の山」


 と言われます。


 早急に結果を出したいと皆が焦っている中で、
 逆張りをして、目先の売上や利益はたとえ捨てたとしても、

 地道に顧客(見込み客)との信頼関係を築いていけば、
 最終的には、その人の独壇場になっていくものです。


■特に、個人相手の高額商品を販売するときには、
 そういった傾向が顕著に現れます。

 住宅、保険、証券営業などが典型的でしょう。

 これらは売れればコミッションも大きいものですから、
 結果を急ぎたくなるのは分かるのですが、

 そこをグッと堪えていく。


 「売り込むから、お客さんが逃げるのだ、
  売らないと、お客さんから近づいてくるのだ」

 と肝に銘じて、


 【 まず「自分が出せるものは何なのか」を考える 】

 ことが重要。


 とここまで書いて、
 これって、恋愛と一緒じゃないか!?と思ったんですが。

 どうでしょう?(笑)


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■物を売る前に、お客様との関係性を築く。まずこれが         何より優先されるべき。                     ■相手から何かをもらうのではなく、                 先に「自分が出せるものは何なのか」を考えるのだ。        ■そんな人は信頼される。                      信頼される人は景気に左右されずに物を売れる。       

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。