毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2384号 私(鮒谷)の座右の銘


■自信満々であることは素晴らしいことですが、

 私も含め、自分の能力が他者より劣っているところが
 あることを、

 (残念ながら)認めざるを得ない人は少なくないでしょう。


■けれども、能力がないのを恥じる必要はありません。
 見栄を張って、才能があるように見せかける必要もありません。


 全ての人から、全てを教えてもらうつもりでいたら
 いいのです。


■なかには、

 「私はそれを知らないのです、教えてください」

 と言うと、喜んで教えてくれる人がいます。


 というよりも、

 ある道に通じた人は、その知見なり知恵なりを
 自分の周囲の人に分け与えたいと思っているもの(のはず)。


■きっと、あなたの周りの方もそうでしょう。


 釣り好きの人は釣りの楽しさ、面白さを伝道しているはず。

 将棋の強い人は将棋を教えてくれる。


 ゴルフもそうですね。

 私のあまりの下手さ加減を見て、俺が徹底的に指導する、
 とおっしゃってくださる方が五指に余るくらい
 いらっしゃいます。(笑)

 ありがたい事です。


■ということで、知らないことを人に尋ねることは
 恥ずかしいことでもなんでもなく、

 【 教わる人もハッピーだし、教えてくれる人もハッピー 】

 だと考えればいいのです。

 というか、実際にその通りなのです。


■聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥ともいいます。


 知らないことや出来ないことを素直に認め、
 質問することによって、

 自分が得をするのはもちろん、
 教えてくれる人にも喜んでもらえるのですから、

 【 知ったかぶり、できる振りをしたら、双方が損 】

 してしまいます。


 能力がないのを恥じる必要はないし、
 知らないことを卑下することもない。


■吉川英治の言葉に、

 「我以外皆我師」(我以外、みな我が師)

 とありますが、これは私の座右の銘の一つです。

 年齢、性別、立場、肩書きなど関係なく
 いろんな方々から有り難く学ばせていただいています。


■私は、世の中のことをなーんにも知らないと思っているし、
 実際にその通りですから、

 「お前、なんにもしらないなぁ」

 といわれても

 「おっしゃるとおりです」

 でオシマイ。

 見栄を張るから疲れるのです。


■ですから、

 たとえ年下の人や、学生さんから学ばせてもらった
 ときなども、

 プライドが傷つくなどということは一切ありません。


■というよりもむしろ、


 「今の学生さんは何を感じ、考えながら生きているのだろう?」

 「幼い頃からIT技術に触れて生きてきた彼らは
  どういう感性を持っているのだろう」

 「下手な社会人よりもITリテラシーが高いはずだから、
  彼らと接することでそのスキルやノウハウを教わろう」

 「何よりも彼らには未来があり、野心があり、野望があり、
  志があり、元気があり、意思がある。

  そのエネルギーを分け与えてもらいたい」


 そんな思いをもって、人間関係を広げていこうとしてきました。


■そうしたら、だんだん学生さんとの接点が増えてきて、

 さらには冒頭に書いたような高校生との付き合いさえも
 生まれてくるようになったのです。


■私の人生ならびにビジネスの先生のお一人であり、
 大恩人といっていい、

 弁護士の高井伸夫先生
 (日本の人事労務分野におけるトップ弁護士)


 【 今日のお薦め本 仕事で人は成長する】



 【 今日のお薦め本 3分間社長塾~スピード判断力をつける】



 【 今日のお薦め本 3分以内に話はまとめなさい
             ~できる人と思われるために】



 【 今日のお薦め本 朝10時までに仕事は片づける
             ~モーニング・マネジメントのすすめ】



 【 今日のお薦め本 高井式 一生使える勉強法
                  ~ 成長モードにスイッチする】



 も、一定の年齢になったら年下の友人を積極的に持つように、
 と常に教えてくださいます。

 そして高井先生ご自身が実際に、私のような数回りも年下の人間の
 他愛もない話でも素直に聞いてくださるのです。


■ですから、年下の方、あるいは学生さんから教えを乞うことは
 恥ずかしいことでも何でもない。


 そういうことはプライドが許さない、どころではなく、

 「そういう度量(?)を持っていること」

 こそが、かえって自らのプライドの源泉につながっていくのだと
 考えて、

 360度、全方位外交をもって、あらゆる分野の自分より
 秀でた方から学びを吸収し続けたいと思っています。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■能力がないのを恥じる必要はないし、見栄を張って才能が       あるように見せかけることも一切無用。              ■教えを請えば、自分が得をするのはもちろん、知見を         分け与えたいと思っている先様の幸せにも貢献できる。       ■だから有り難く教わろう。(そんな態度こそ、誇りにしよう) 

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。