毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2380号 継続的な日々の鍛錬


■相撲の詳しいことは分かりませんが、

 相撲を見ていて思うのは、日々の鍛錬あってこそ、
 継続的に白星があげられるのはいうまでもないでしょう。


■四股を踏んだり、鉄砲を撃ったりして、
 力士としての基礎体力を身に付けて、

 それから初めて、取り組みの上でのテクニックが
 問題になってくるのだと思われます。


■ときにビジネスは格闘技に例えられることがありますが、
 その伝でいくと

 この「平成進化論」の発行は、毎日

 【 四股を踏んでいるようなもの 】

 といえるのかもしれません。


■日々、考え、日々、それを言葉に落とす。
 こんなことを、かれこれ10年以上、繰り返してきました。


 別に、1回の配信で何か変わるわけではありません。

 それどころか、100回やったからといって
 特段の変化はないのです。


 しかし、振り返ってみて思うのは、

 【 四股を踏み続けることにこそ、意義がある 】

 ということ。


■実際、不特定多数の人の目に触れる形でメルマガを
 出し始めて2千数百日、

 個人発行時代からも含めたなら
 10年近く続けていますが、

 それによって、見える風景が変わってきました。


■もちろん1回1回では何も感じられないくらいの
 微々たる変化しかありませんが、

 それだけの蓄積を重ねてくると、
 いま振り返ると発刊当時からは想像もできないほどの、

 人生における革命的な変化を遂げてきたのを感じます。


■すぐに結果を出そうとすれば、
 フォームが乱れます。

 「あの人は、こんなことをやっている」

 「彼はあんな立場に就いた」

 つい、周りを見て焦ってしまう。

 しかし、そこを踏ん張って、
 徹底的に基本のフォームを身に付けることに
 専念してみてもよいのかもしれないなぁ、

 そんなことを改めて考えたりしています。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■相撲で白星を上げ続けるには、継続的な日々の鍛錬が必要。     ■ビジネスで結果を出すときも然り。                 人を気にして、あるいは人からの視線・評価に注意がいって      フォームを乱すべきではない。                   基本フォームを身に付けることに専念しよう。           ■遠回りのように見えて、実はそれが一番の近道であるのだ。  

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。