毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2340号 不断の永久運動なくして成長なし


■私たちは、毎日、

 いろんな人や本と出会い、

 様々な出来事──喜びや悲しみ、幸運や不幸──と
 出会って、

 ときに小さく、
 ときに人生を揺るがすほど大きく、

 自らの運命が作り変えられていきます。


■その、新しくなった自己がまた、

 種々の喜びや悲しみ、幸運や不幸と
 巡り会うことによって、

 さらに、更新される。


■生きていくということは、この不断の永久運動であり、
 この繰り返しによって人は成長を遂げていきます。

 そんなのは当たり前のことではないか、
 と感じられるかもしれませんが、

 誰もが、日々、
 この永久運動をしているはずでありながら、

 「最近成長している実感がつかめない」という人が、
 案外、少なくないようです。


 なぜでしょうか。


■人間には、保守的な側面があります。

 したがって油断していると、目の前に2つの選択肢が
 あるとき、

 新しいものではなく、馴染んだほうへ進んでしまうもの。


 冒険は不安であり、勇気がいるもの。

 知っている道であれば、心理的抵抗がないゆえに、
 安易な方向へ流れやすいのです。


■これでは、いつも、大小の分岐点に遭遇し、
 そのたびに道を選び、
 先へ、先へ進んでいるつもりでも、

 気が付けば、同じところぐるぐる回っている

 という結果になりかねません。


 これでは成長実感が掴むべくもありませんね。


■そこで、


 【 判断に迷ったときは、

   目新しいほうを選択することを習慣にする 】


 とよいかもしれません。


■知っている道と、知らない道とがあったなら、
 常に、知らない道を選び、進んでいく。


 そうすれば

 「変化が常態」

 となります。

 永久運動は継続され、生きていく限り、
 確かな実感を持って成長していけるようになるでしょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■不断の永久運動によって、人は成長する。             ■ところが、いくら動いていても、自分がつくり変わって        いる実感が得られない場合がある。                 そんなときは、自分にとってラクな行動ばかりを選んで        いないか、点検しなければならない。               ■常に、目新しいもの、不慣れなことを選択し、            不断の永久運動を止めないようにしよう。          

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。