毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2284号 「日本流&海外流」ハイブリッドコミュニケーション


■このメルマガでも書きましたが、先日、


 <株式会社グローバルビジョンテクノロジー>

 
 代表取締役の天野雅晴さんとお会いしました。


 数年前、サンフランシスコに行った時、

 同道したレバレッジコンサルティングの
 本田直之さんから紹介を頂き、

 そのときからのご縁です。


■天野さんは、同社を1990年にシリコンバレーに設立、

 日米技術の架け橋となるコンサルティング業務を行い、
 主に上場ベンチャー企業をクライアントとし、

 IT業界における数々の事業提携、投資、M&Aの日米事業支援に
 よって数百億円規模の含み益をもたらすことに貢献。


■2003年、日本法人を設立、

 バイリンガル技術者を育成し、日本の外資系企業や
 在米日系企業(ボーイング、IBM、北米トヨタなど)に
 エンジニアリングサービスを提供、

 現在、日米120人体制でシリコンバレー、デトロイト、オハイオ、
 東京の4箇所に拠点を構えられています。


■天野さんと話をする中で感じたのが、

 日米両国で拠点を持ち、事業の成功を収められた
 天野さんにとって、成功のカギとなった大きな要因に

 「コミュニケーション能力」

 があったということ。


 今更な話ですが、いくら能力が高くても対人コミュニケーションが
 図れなくては、せっかくの能力も宝の持ち腐れとなります。


 【 成果=能力×コミュニケーション力 】


 といってもよいかもしれませんね。


■今回、来日のタイミングで天野さんは


 【今日のお薦め本 シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術】

                         天野 雅晴 (著)


 という本を上梓されたのですが、

 ※某大手企業が、社員教育用の教科書として
  500冊、購入されたそうです。


 私も早速、読んでみたのですが、
 いろんな気付きがありました。


■私などは、ほぼ完全にドメスティック系?の人間ですが
 既に社会のありようは大きく変わってきていて、

 現在、上司、同僚、部下に外国人がいらっしゃる方も
 たくさんと思います。

 また、駐在や留学を通して、海外在住経験を持つ方も
 大勢いらっしゃいます。


■ビジネスパーソンとして
 日本国内だけを見て生きていこう、生きていける(だろう)

 というのは、かなり楽観的、というと言葉はいいのですが、

 「脳天気」といったほうがいいと思われる世の中の流れ。


■そういった環境変化の中で、

 (良い悪いではなく)

 必然的にコミュニケーションについても

 「日本流&海外流」

 のハイブリッドな方法論を身につける必要があるのではないか、

 というのが天野さんのおっしゃっておられたことでした。


■現実に、私の回りの人達も

 アンテナの高い人達はこぞって海外を意識して
 自らを作りかえていっているのを目の当たりにしています。


 特に然るべき世界認識を持っている
 20代、30代のビジネスパーソン、それに学生さんは
 こぞって

 「海外対応、海外適応」

 態勢を整えています。


■そのために必要な個人インフラとしての、

 「実践的なコミュニケーションの様々なテクニック」

 について、


 「シンプル・ルール・コミュニケーション」の5つの鉄則のもとに、


 ▼会議術

 ▼プレゼン術

 ▼交渉術

 ▼メール(テキストコミュニケーション)術

 ▼電話(ボイスコミュニケーション)術

 ▼ネットワーキング術


 に分け、機能面を重視してまとめられたものが
 この本だったのですが、

 まさに来るべき未来(というか、既に現出した今の時代)の
 コミュニケーション術といってもいいかと思いました。


■「社会の多様化」が進む中で

  場面に応じた適切なコミュニケーションを
 行える力を養い、

 「日本流×海外流」

 のハイブリッドなコミュニケーション能力を
 身につけることが重要です。


■それが独自の強みを生みだし、差別化をもたらし、

 同時に自身のキャリアにおける一層の可能性を
 もたらしてくれるのでしょうね。


 【今日のお薦め本 シンプルでうまくいくコミュニケーションの技術】

                         天野 雅晴 (著)


 私も、これを読んで改めて勉強&実践したいと思います。

 特に「交渉術」を。。


■今日は、

 天野さんの話を聞き、この本を読んだ所感を
 お伝えいたしました。


 ※いつもお伝えしていることでありますが、

  本メルマガでは書籍紹介を行うことはあっても
  あくまで「勝手紹介」で行っているものです。

  当メディアは書評メルマガではありませんので、
  現在、一切の献本、書評依頼をお断りしております。

  なにとぞ、事情ご賢察いただけましたら幸いです。



 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■時代は変わり(=国際化、多様化の流れ)、それに伴い、       コミュニケーションのあり方も変化しつつある。          ■和洋のハイブリッドなコミュニケーション能力を身につける      ことでビジネスパーソンとして、独自の強みを持ち、         差別化を図ることが可能となるのではないか。           ■それにより、キャリアの一層の拡張も期待できるのでは。   

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。