毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2242号 未知の世界を知るには地図が必要


■何も知らない世界に飛びこんでいくことは、
 ちょうど、知らない土地へ地図を持たずに踏み込む
 ようなもの。

 なにか学び始めようとしたとき、
 最初に手に入れるべきものは地図です。


■ある外国人が、観光で日本にやってきたとしましょう。

 このとき、地図さえあれば、
 あるいは日本のガイドブックを1冊読んでおけば、

 日本といえば東京だ、
 京都だ、
 奈良だ、
 富士山だ、

 ということで優先度の高いところから見てまわることができ、

 短期間で有意義な観光をして帰ることができます。


■ところが、日本全体の地図を持っていない。
 ガイドブックもない。

 こうなると、どこに行けば何があるのか分かりません。

 そこで、その人は、とりあえず東京という地名だけは
 知っているので東京に向かう。


■そして東京だけを見て帰っていく。

 すると、この人の日本の感想はどうなるかというと、

 日本という国は、超高層ビルが降りる駅ごとに建っている、
 すごく近代的な国だ、

 ということになります。


■もし京都という地名しか知らなければ、
 京都だけを観光して帰ってしまうかもしれません。

 その場合、日本の印象は、

 低層住宅ばかり建ち並び、建物も古く、
 寺社仏閣がやたらに多い、

 となるでしょうね。


■もし富士山という単語しか知らなければ、
 当然、富士山に向かうでしょう。

 するとその人の日本観は、
 とにかく、大きな山のある国。

 え? ビル? そんなのあるわけないでしょ、
 樹海だけだよ!

 ということになるのかも。


■へたをしたら、
 東京にも京都にも行かず、富士山も見ず、

 私が高校生のときまで住んでいた大阪の某市だけを
 みて帰国してしまうかもしれない。

 そしたら、日本というのは
 まーーーーーったく何の変哲もない国だったよ、

 と吹聴されてしまうかもしれません(汗


■だから、まず地図をみて全体を知ることが大切です。

 日本なら、こことここを見なければいけない、と
 まず押さえる。

 昨日までお話ししてきた、木の全体と部分の関係でいうなら、

 日本という国が木の全体。

 東京や京都、奈良などが大きな枝だとしたら、

 そこから伸びる細い枝は、
 東京であれば秋葉原などがそれにあたるでしょう。


■私の住んでいたところは、
 ひょっとしたら「葉っぱの裏の毛」


 (しつこい!?)


 かもしれません。


■そこをわざわざ見に来るのは、

 日本の生の文化・風俗を知りたいという
 文化人類学者ならいいんですが、

 「日本を観光するぞ!」

 という人であったら、
 ちょっとお気の毒に思えてしまいます。


■何の話だったかというと、

 なにか学ぶときには、その学問体系の地図を
 まず頭の中に入れましょう、

 ということ。

 そうしないと、わざわざアメリカ大陸やヨーロッパから
 遠路はるばるやってきていながら、

 私のふるさとだけ観光して帰ってしまうようなことにも
 なりかねません。


■それはそれで悪いことではないかもしれませんが、

 日本はどんな国かを知るには
 優先的に回るべきところがあるのですし、

 それらを見て歩くには地図がいります。

 なにかを学ぶ際の地図とは、
 その分野をよくわかっている人や、基本書といわれる本に
 なるわけです。


■これから、なにか学び始めるときには、

 昨日の話であれば木、

 今日であれば地図ですが、

 どちらか、あなたの感覚にフィットするほうを
 思い浮かべてみてください。

 それで学習のスピードは、2倍とか3倍くらいでなく、
 10倍、20倍に上がってくるでしょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■せっかく日本へ観光しに来ていながら、地図を持って         いなければ、見たい場所を見ることができない。           というより、どこを回るべきなのかがそもそもわからない。     ■その人は、実りが多いとはいえない観光をして            帰ってしまうことになるだろう。                 ■新しい分野を学び始めるときもまったく同様。            まず手に入れるべきは地図。                    つまり、その分野をよくわかっている人や、基本書を         みつけることが大切だ。                  

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。