毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2218号 数字+感性=数値力


■今日は、


 沖縄大学特集、ということではないのですが、

 以前、沖縄大学で講師を共にさせて頂いたり、

 親しくお付き合いさせていただいている、
 野田宣成さん


 (野田さんは、

  船井総研、まぐまぐ事業開発室長などを経て、
  現在、株式会社ビジネスミート代表取締役。

  現場を熟知し、成果を上げるコンサルタントとして
  活躍されています)


 の新刊、


 【今日のお勧め本 数値力の磨き方】


 を拝読。


■この本の冒頭で


 【 数字+感性=数値力 】


 そして


 【 この数値力が高い人が優秀なビジネスパーソンである 】


 という話を野田さんは展開されています。


■野田さんはこれまでに4500人以上(!)の経営者と
 お会いになってこられたとのことですが、

 優秀な経営者はみな、数値に長けている、

 といわれており、

 これは私(鮒谷)の実感としても、
 本当にそうだなぁ、とおもいます。

 結果を出している経営者、ビジネスパーソンは
 みんな、とても数字に強いものです。


■ちなみに私はこの本を読み、

 上記の方程式の「左辺」、

 すなわち、「数字」にも「感性」にも弱く、
 だからなかなか結果が伴わない(涙)

 なんて悲しく思ってしまったと同時に、
 これを機会に、

 まじめに「数値力」をつけようと思いました。


■野田さんは数字が読めないことで、

 下記のようなマイナスの症状が出ると
 この本の中でいわれています。


 いわく、

 ▼曖昧な言葉で説明するので、相手の理解が得られない

 いわく、 

 ▼数字を使わないで説明、プレゼンしても
  「すごさ」が伝わらない

 いわく、

 ▼数字を使わないで説明すると、あやしく映る

 いわく、

 ▼数値の表を見ても何も思わないので、
  未来を感じられない

 いわく、

 ▼数字の桁をよく間違え、ミスに気付くのが遅くなる

 いわく、

 ▼数値が苦手だと思いこんでいるために、
  成長の機会を逃している

 いわく、

 ▼数字を計測、意識していないと、
  自身の成長に気付けない


 ・・・って、全部、私(鮒谷)のことじゃない(汗)


■そして数字をどのように使うか、

 という方法論については


 ▼比較して使う
  ~予想数値力・連想数値力を磨く

 ▼先を見るために使う
  ~発見数値力・リンク数値力を養う

 ▼記憶するために使う
  ~プレゼン数値力・コミュニケーション数値力を身につける

 ▼伝えるために使う
  ~心理数値力・企画数値力を鍛える


 と記されているのですが、
 これを説明するのは誌面が足りません。

 (というか、メルマガが長くなりすぎます)


■ということで、

 「数値力」をまじめにつけよう、

 とおもった、本日の読書タイムの備忘を
 ここに残しておきたいと思います。


 ビジネスパーソン必須の「数値力」を身につけたい方は
 一読されることをお勧めします。


 【今日のお勧め本 数値力の磨き方】

   
 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■優秀なビジネスパーソンが必ず身につけているのが          「数値力」。                          ■「数値力」が弱いと、                       ▼曖昧な言葉で説明するので、相手の理解が得られない        ▼数字を使わないで説明、プレゼンしても凄さが伝わらない      ▼数字を使わないで説明すると、あやしく映る            ▼数値の表を見ても何も思わないので、未来を感じられない      ▼数字の桁をよく間違え、ミスに気付くのが遅くなる         ▼数値が苦手だと思いこんでいるために、成長の機会を         逃している                           ▼数字を計測、意識していないと、自分の成長に気付けない      という結果がもたらされてしまう。             

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。