毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2185号 自分でも全く予期できなかった統合こそが価値を生む


■私はこれまで、


 「興味・関心を覚えること」と、

 「すぐに利益(経済的、非経済的問わず)につながること」


 が並んでいたら、

 あえて前者、つまり興味・関心のあるほうを
 優先させてきました。

 つまりは

 「人の行く裏に道あり花の山」

 と思っているのです。


■いま学校に通っているのも、その一環。

 今年度に入ってから、
 おそらくは可処分時間の半分以上(?)をこちらの勉強に
 費やしています。

 この勉強のために、最近読んだ本はこんな感じです。

 (机の上に積み上がっている本をランダムに列記)


 【今日のお薦め本  外交(上)】

         ヘンリー・A. キッシンジャー (著)  日本経済新聞社


 【今日のお薦め本  外交(下)】

         ヘンリー・A. キッシンジャー (著)  日本経済新聞社


 【今日のお薦め本  EUの国際政治】

         田中 俊郎 (編集), 鶴岡 路人 (編集), 小久保 康之 (編集) 
                                          慶應義塾大学出版会


 【今日のお薦め本  歴史と外交】

                    山内 昌之 (著)   中央公論新社


 【今日のお薦め本  文明崩壊(上)】

         ジャレド・ダイアモンド (著), 楡井 浩一 (翻訳)   草思社


 【今日のお薦め本  文明崩壊(下)】

         ジャレド・ダイアモンド (著), 楡井 浩一 (翻訳)   草思社


 【今日のお薦め本  比較文明】

                    伊東 俊太郎 (著)  東京大学出版会


 実際は課題図書だけでも相当数ありますし、

 それ以外にも参考図書、関連図書などもありますから
 もっともっと多いです。


■毎日毎日、このような、

 これまであまり深く突っ込んで勉強して
 こなかった分野の本を読み進めているわけですが、

 こうした本を読んだからといって、

 今すぐ○○万円儲かる、とかいう話ではありませんし、
 急に会社が大きくなることもないでしょう。

 この学びが何に、どのように活かされるか、
 自分の中でも定かではありません。

 しかし、それでいいのです。


■興味・関心のあることを突き詰めてやっていくと、

 深い、深い、自分の根っこの部分で、
 思いもよらなかった結合・統合がなされてくるもの。

 あるとき突然、
 まったく想起されなかったような結びつきが生まれて、

 それが価値を生み出す、ということがあるのです。


■更にいうと、

 【 予期できる統合 】

 なんかにはほとんど価値がないと思っています。


■これとこれを組み合わせて、自分の武器にしよう、

 なんていう考え方でキャリア形成を設計しても、

 おそらくはそんな常識的な考え方で計画建ててる人は
 世の中に何十人も何百人も、下手をしたら何千人も
 いるわけですから、

 そんな世界で勝負しても、血で血を洗う戦いに
 わざわざ参入することにしかなりません。

 たとえ勝てても満身創痍となるでしょう。


■そうではなく、

 【 自分でも全く予期できない統合 】

 が自らの内に起きたとき、
 想像以上の価値が生み出されることとなるのです。

 そしてこの組み合わせは自分オリジナルとなる
 わけですから、

 いわゆる「ブルーオーシャン」の世界で
 悠々の展開が開けることとなるのです。


■繰り返すと、

 誰でも思いつくような統合(組み合わせ)には
 さして大きな価値はないということ。


 従って私としては、

 誰も行わないようなジャンル同士を組み合わせ、
 統合・結合させるための可能性をどうにかして、
 増大させることはできないか、

 と考え、試行錯誤することしかありません。


■私も、まだ大した人生経験しかありませんが、

 それでも実際これまでに、
 自分でも想定できなかった統合が大いに価値を
 生んでくれた経験を何度かしてきたわけですから、

 これから先、更にこのような経験がどれだけ
 出てくるかを想像するだけで
 凄く楽しみな気持ちになります。


■ちなみに、今後の医学の発展等にも期待して、

 私は少なくとも120歳以上生きるつもりなので、
 人生、まだ始まったばかりです。

 従って、少年期が過ぎ、いよいよ青年期に
 さしかかったかというところです。

 (そのように自分の中で位置づけをしています)


■ですから、

 いまの、少年期から青年期にかけてのこうした勉強が、
 やがて、 

 【 自分でも全く予期できない統合 】

 をもたらし、

 きたるべき10年後、あるいは数十年後の
 青年後期~壮年期に大きな価値をもたらして
 くれるものと確信しているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■目先の利益など考えず、きたるべき青・壮年期にむけ、        「興味・関心を覚えること」を優先に人生経験・勉強を        していこう。                          ■【 予期・予測できる統合 】などよりも               【 自分でも全く予期できなかった統合 】こそが価値を生む。 

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。