毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2119号 好きこそものの上手なれ

(本号はまぐまぐさんサービス停止時の自社配信コンテンツとなります)


こんにちは、平成進化論の鮒谷です。


今日は松下幸之助さんの「商売心得帖」の一節から。


この本の中に

「好きこそものの上手なれ」

という言葉が紹介されています。

商売をしている限り、商売を繁盛させたいと望まぬ人は
いないのに、なかなかその望み通りになっている人がいない。

その原因について幸之助さんは

「望みにふさわしい工夫、努力が伴っていない」

ことを挙げられています。


■


では、その「工夫、努力」の原動力は一体どこからくるのか。

それは自分の販売している商品に自ら興味を持ち、
好きになること。

好きになれば、努力することが苦にならない。むしろ楽しくなる。
その結果、説得力が増し、商品が売れる。

これを

「好きこそものの上手なれ」

というのだ、とおっしゃいます。


■


だから商売を繁盛させたいなら、まずあなたが取り組んでいる
商売を好きにならなければなりません。

いやいや、やってる8時間の労働より、
好きでやってる16時間の労働。

労働時間は2倍、労働密度は3倍、とするならば
同じ人が働いているにもかかわらず、
実に6倍の差が生まれることとなります。


■


その密度で、その時間、働いたなら

(といっても、
 きっとそれは本人はきっと労働とは思っていないはず。
 趣味、道楽、遊びだと思っているはずです)

成功しないほうがおかしい。

好きで、得意で、市場がある。
そんな3点セットの真ん中に自分の「立ち位置」を
決めてみたらどうか、

という話を私も友人知人によくすることがありますが、
何はともあれ、まずは「好きなもの」を土台において
仕事を行う。

これが商売繁盛、キャリアアップの
当たり前のように見えて、忘れがちな、
一番大切なことではないでしょうか。


※今日はいつもメルマガを配信している「まぐまぐ」さんの  スタンドがメンテナンスのため、システム停止されているので  自社配信にてお届けいたしました。                               鮒谷

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。