毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2113号 人生をやりたいことだけで埋め尽くすには


■むかし、杜甫の詩に触れたとき、

 目の前にありありと浮かんできた情景に感動し、
 いつか漢詩を学んでみたいな、と思いました。


 (そのときの漢詩がこちらです)

 ========================


  国破山河在   国破れて山河在り

  城春草木深   城春にして草木深し

  感時花濺涙   時に感じては花にも涙を濺ぎ

  恨別鳥驚心   別れを恨んでは鳥にも心を驚かす

  烽火連三月   烽火 三月に連なり

  家書抵万金   家書 万金に抵る

  白頭掻更短   白頭 掻けば更に短く

  渾欲不勝簪   渾て簪に勝えざらんと欲す


 ========================


■そこで最近、漢詩の入門書を大量に買い込みました。

 時間的な制約もあって、今すぐ始めるわけにはいきませんが、
 たとえ今はできなくても、「いつか必ず」と思っているものに
 ついては、

 いざ、思い立ったとき、すぐに開始できるようにするため。


■いつか取り組みたいことは、そのようにスタンバイして
 おくのがよい。

 そうすれば、思い立ったときすぐに起動できるから。
 そんな風に考えてのことです。

 ※ノートパソコンにも、そういう機能、ありますよね。
  スイッチ入れるとすぐに立ち上がる、そんな機能が。


■漢詩だけでなく、やりたいことや勉強したいことが
 増える一方なので、

 そのための関連資料とか書籍とか道具も、
 こんな調子で積み上がってくるわけですが。。


■なにか新しいことを始めるには「瞬発力」が絶対に必要。

 その「瞬発」のタイミングを逃さないために

 「いつかきっとやるであろう」

 と思うことは、今から事前に準備を整えておくように
 しています。


 このようにしていると、なにかの拍子に

 「いよいよ、温めていた、アレをやるかー」

 となった時、スムーズなスタートを切れるのです。


■新しいことをどんどん行っていく人と、
 何年経っても同じことを繰り返している人があります。

 その両者を見比べてみると、
 実は能力とか性格は、あんまり関係がない。

 ではどこが違うのかといえば、上述のような習慣を
 持っているかどうかの違いではないか、と仮説を立て、

 あるときから、「学ぶ前の準備」に時間とコストを
 かけるようになりました。


■結果、どうなったかというと、

 おかげさまで、やりたいことに比して
 時間が全く足りないという嬉しい悲鳴?をあげることと
 なっていったのです。

 時間がたくさんあってもやりたいことが見つからない
 という状況より、はるかに有り難いものです。

 そしてなにより、人生の密度が急激に、
 圧倒的に濃くなっていったのはいうまでもありません。


■ですから、

 「これは!!」

 とおもったものと出会ったときは、
 その瞬間から、数ヶ月後、数年後、
 はたまた十数年後、数十年後の、

 (あるいは、永遠に実現されない、、、)

 未来の可能性のために、今すぐその準備を整えておく
 習慣を持っておくとよいのではないでしょうか。

 ※いつそのタネが発現するかは誰にも、そして
  本人にも分かりません。


■そうやっていると、時間の経過と共に、

 「やりたいことだけで埋め尽くされている」

 楽しい人生を過ごせるのではないか。

 そんなふうに考えては、未来の可能性のために
 せっせせっせと、

 「(時間がとれなくて)今は読めない本や資料、道具の山」

 を築き上げている今日この頃です。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■なにか新しいことを始めるには瞬発力が必要。           ■その「急に湧き上がってきた時」のタイミングを逃さない為に     いつかきっとやりたいと思うことは、今すぐ準備してしまう。     するとタイミングが来たとき、スムーズに実行に移せる。      ■この習慣をつければ、人生は「やりたいことだけで          埋め尽くされている」楽しいものになっていくだろう。    

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。