毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2061号 開き直って思考内容を発信する


■昨日までのメルマガでもお伝えしたように、
 考えたことは、ぜひ「言葉に残しておく」ことを
 おすすめします。

 過去に自分が書き残したものを振り返れば、
 この1週間、1ヵ月、1年で、

 どれだけ自分の内部が変化したか「定点観測」できる
 から。


■1週間、1ヵ月、1年で

 「自分はこれだけ変わった」

 とわかれば、

 それは、これから先の未来も自分は確実に変わっていく
 という客観的根拠となります。

 未来を信じることができるし、
 結果、いま現在も明るくなってくるでしょう。


■わたしのメールマガジンも、

 読まれる方からこれは鮒谷個人の日記と備忘録では
 ないか、なんて言われることがあるのですが、

 おっしゃるとおり、
 みてのとおりの「日記と備忘録」です。(汗)


 ただ、この日記によって、いまいったような効果を
 あげているのです。


■さらに、

 日記なら非公開でもいいわけですが、こうして公開
 することにより、

 また別の、副次的な作用を得ることができます。


■わたしの考えていることなど、まったく
 つたないものです。

 いうまでもなく、
 わたしよりもずっと立派な人がたくさんいらっしゃいますし、

 賢い人、偉い人、人格的に優れている人も大勢います。

 そんなことは、百も千も承知のうえで、
 あえて、思考内容を公開するようにしているのです。


■情報発信をしてみたい気持ちはある。
 けれども、

 こんな情けない自分が考えを公表していいのだろうか、
 とか、

 こんなことをいったら恥ずかしい、

 私の考えなんて、たいしたことない、

 まだ若いから、

 勉強が足りていないから、
 など、躊躇する理由はいくらでもあります。

 しかし、そんなことを言ってしまったら、

 ごくひと握りの天才、秀才や聖人君子をのぞいて、
 誰も情報発信できなくなるでしょう。

 当然、わたしもできません。


■ですから、ある意味、ひらき直りが大事。

 つたない思考内容は、承知のうえ。
 それでも、どんどん自分の考えを公開していく。

 結局そのほうが、周囲からフィードバックが
 得られるから、多少の(あるいは大きな)恥をかいても
 成長が加速するのです。

 「その話なら、こんなこともあるよ」とか、

 「それは間違っているんじゃないか」と
 教えてもらうことができます。

 非公開の日記ではそれができません。


■ただ、どうしても情報発信がためらわれるなら、
 非公開でも日記を書くのはよいことです。

 最初に申しましたように、

 それは自分の内部変化を「定点観測」するツールに
 なるからです。


■過去からずっと観測してきた「点」は、
 やがて「線」となり、

 それが集まれば「面」となり、

 ついには立体化され、構造物として眺めることが
 できるようにさえ、なります。

 思考に奥行きが生まれてくるのです。


■思考レベルを飛躍させていくためにも、
 考えたことは記録しておくことが大切だと考えます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■公開、非公開を問わず、日記をつけることは             思考レベルを上げるために重要。                 ■そして、できるならそれは「公開」したほうがいい。         頭の中を人前にさらすことで、間違っていた考えは          修正してもらえるし、新しい情報も手にはいる。          ■つたない思考内容なのは承知のうえ。                完璧な考えの持ち主などいないのだから、ひらき直って        考えを公表したほうが、早く成長できるぶん得なのだ。    

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。