毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2039号 実証された「科学」を土台にして、最短距離を走る


■昨日のメルマガで


 <アシックスランニングラボ東京>


 に行ってきました、という話を書きました。


■友人経営者である、本田直之さん、今村暁さんから
 紹介されていってきたのですが、

 昨日も


 ==================================================

 無駄な労力を省き、ケガなどの危険性を減少させる
 ためにも「科学の力」を借りるのは非常に有用ですね。

 経営、あるいは個人の仕事力の向上においても
 まったく同じことがいえるとおもいます。

 ==================================================


 と書いたとおり、何かを始めるに当たって、
 すでに確立された「科学」を土台にして、

 そこをスタート地点にして、最短距離を走ることが
 すごく大切だと改めて思った次第。


■ランニングを開始して、約1ヶ月が過ぎ、
 その間、ほぼ毎日、走っているわけですが、

 健康を維持し、成長を実感し、そのプロセスを楽しみ、
 さらにやるからにはある程度のタイムも出せるように、

 それを高いレベルで実現しようと思ったなら、
 我流でやっていてはとても覚束ないでしょう。


■こちらのラボでは


 ▼体格的側面

 ▼筋力的側面

 ▼動作的側面

 ▼持久的側面


 という4つの側面からランニング能力の測定を
 行ってもらえます。


■一定以上のレベルを目指そうとするならば、

 やはり自分の身体にあったメニューを、
 科学的に実証されていているトレーニング方法で
 行うことが大切でしょうし、

 そのためにはどこかの段階で我流を離れ、
 「正しい(=科学的に実証された)」トレーニング法を
 取り入れるべきなのだと考えます。


■さらにいうと、

 それは我流の癖が身についてしまってからよりも、
 初心者のときにこそ、重要。

 誤ったフォームやトレーニング方法を習慣化して
 しまう前に、

 最初から適切な指導を受け、正しいスタイルを
 身につけたほうがより効率的なトレーニングも
 できるというもの。


■そんな風に、なにかを始めるにあたっては

 (多少の時間的、金銭的代価が発生したとしても)

 それを惜しんだことによる、
 あとあとに生まれてくる厖大なムダや、ケガの危険性、

 などを考えると、取り組み始めた初期に

 「相応の学習投資」

 をがつんと行うことが非常に重要になってくる
 のではないでしょうか。


■そして、この考え方はおそらくは、

 「会社経営」においてもそうですし、
  「キャリアの進展」についても、

 「ネットワークの拡大」、「資産運用」、「時間管理」、
 「営業力をつける」「マーケティングの能力を高める」、

 あるいは趣味で始める「料理」「漢詩」「盆栽」、

 はたまた、生活上必要になってくる
 「健康管理」「家の建築」「保険の入り方」

 などなど、すべてにおいて、同じことがいえるはず。


■ムダを嫌うからこそ、一見ムダにも見える
 「(時間とお金の)初期投資」を行う。

 それは


 「急がば回れ」

 「急いては事をし損じる」

 「急がずば濡れざらましを旅人の 後より晴るる野路の村雨」


 なんていう、古くから伝わる言葉とも相通ずるものが
 ありそうですね。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■何かに初めて取り組む際には、まず相応の時間とお金を        かけて「事前調査」をすべきであろう。              ■一見、その時間は「ムダ」に見えるかもしれないが、         あにはからんや、実際のところは、その投資を惜しんだこと      から発生する厖大なムダなリスクを取り除く、極めて         有効な投資となることを知るべきだ。            

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。