毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2027号 歳をとったら感動が増える理由


■私たちは毎日さまざまなことを経験します。

 ということは、歳をとればそれだけ「初めて触れるもの」が
 減っていくわけで、

 「もしかしたら、歳をとると感動することがなくなって
  しまうのではないか?」

 と私は恐れていたのですが、

 結論からいうと、その危惧はまったく不要でした。

 むしろ、日々の感動は増しています。


■なぜかというと、

 見ること聞くことは、もうすでにだいたいは
 知っていることであっても、

 それがより深いレベルで腹に落ちる、とでもいったら
 いいでしょうか、

 たとえば知識であれば、


 【 知識が知恵に変わるよろこび 】


 を味わえるようになってきたからなのです。


■それまであちこちで聞きかじり、単体として
 存在していた知識が、

 有機的につながって、実際の生活に適用できる

 「生きた知恵」

 へと変容する。

 そこにはなんともいいがたい、深い感動があります。


■あるいは、それまで断片的な知識では表層的な理解しか
 及ばなかった世の中のいろんな事象が、

 その裏側にあるものまで、自分なりに捉えられるように
 なってきた、そのよろこび。


■また、さまざまな体験をしていくうちに、

 その体験してきたことの根底を共通して流れる
 規則性とか法則がわかったときには、これもうれしいもの。

 きっと、同感してくださる読者さんも多いのでは
 ないでしょうか。


■新しい体験が新鮮に感じる。
 いうまでもなく、これも一つの感動ですが、

 その向こう側にひろがるものを感得することへの
 よろこび、感動が、

 経験を重ねるごとにより深く感じられるように
 なってくるのです。


■結果、生きるほどに感動が減る、どころではない。

 むしろどんどん増えて、あふれんばかりになって
 くるのは、そういう理由からなのでしょう。


■初めてのものに触れた感動も勿論、感動ですが、

 受け止めかた、感じかたを深めていくことは
 別次元の、また別格のもの。

 歳とともに「初モノ」に触れる機会がなくなって
 いくのはやむをえませんが、

 それとは質を異にする感動がこれからますます
 広く、深くなっていくはずで、

 これからいよいよ楽しみになってきた
 今日このごろなのです。


■大学に通うことにしたのも、
 昨日、今日の内容とけっして無関係ではありません。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■初めて新しい出来事に触れるのも感動だが、             歳を重ねるにつれ「感動をより深く味わえる感動」は         また格別なものだ。                       ■知識や体験が増えることで、それらが有機的につながり、       それまで浅くなでるようにしか感じていなかったことを        より深く、より意味あるものとして感得できるように         なるからだろう。                        ■ならば歳とともに感動はますます増え、質も向上するはず。      これから先に待ち受ける感動を大いに楽しみにしたい。    

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。