毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2018号 「自動成長エンジン」を持つために


■昨日は


 【 成果=知識・ノウハウ・スキル×高いセルフイメージ  】


 であり、

 単に知識やノウハウ、スキルを磨き、身につけた
 だけでは成果に結びつかないこと。


■そして、

 それらの資源(武器)を120%活用するためには
 高いセルフイメージを持って、実際の仕事に適用させる
 ことが必須ですよ、

 というお話をいたしました。

 今日も続けます。


■では、その高いセルフイメージを持つためには
 どうしたらよいのか。


 わたしは久しぶりにランニングを再開してみて
 この感覚を思い出したのですが、

 走っているときに始終、


 「みんなが起き出す時間に、オレ、走ってるよ」

 「みんなが駅に向って歩いているけれども、
  オレ、その流れに逆流して、公園に向って
  走ってるよ」

 「この一歩一歩が体力と精神力を培ってくれて
  いるんだなあ」

 「これを1年続けたら365日、3年で1000日以上、
  10年で3650日、継続することになる。

  その継続の蓄積を考えたら、すごいことだよ」


 なんて内的な言語が、自分の脳内でぐるぐる
 回り始めるのです。


■これが、走っている1時間なら1時間のあいだ、
 ずっと続くのです。


 (本当はもっと高尚なことが思えればいいのでしょうが、
  正直に告白すると、残念ながら、
  私の頭の中にはこんな思いしか出てきません、、、)


■こんなことを走っている1時間のあいだ中、
 毎日繰り返していたら、
 自己肯定感はいやが上にも高まろうと
 いうもの。

 毎日、走る習慣を持つことで
 毎日、自己肯定感も高まってくるのでしょう。


■そしてそれが無意識レベルの自己に対する
 信頼感につながっていき、

 結果として、そこから生まれた自信が
 過去に身につけてきた知識やスキルやノウハウを
 最大限に活用させ、

 成果に導いてくれるのだとおもえるのです。


■ここで一点、補足しておきたいのですが

 「走る」

 ことだけを推奨しているわけではなく、
 セルフイメージが高まりそうなことなら
 何をやっても同様の効果がでる、

 ということを申し添えておきます。


■毎日のブログ更新でも、毎日の読書習慣でも
 なんでもいいとおもいます。

 しかし、ランニングをはじめとする運動は
 その心理的な成果が現れやすい種目?なのでは
 ないかということも実感しているのです。


■小さな行動を繰り返すことで自己が肯定される。

 その自信が成果につながり、ますます自信を
 持てるようになる。


 この自信というのは傲慢であってはならず、
 「自信+謙虚」の組み合わせを持てれば一番よいと
 思います。


■「自信なき謙虚さ」は卑屈につながるし、

 「自信+謙虚さの欠如」の組み合わせは傲慢に
 つながる、

 といってもよいかもしれません。


■「オレって(わたしって)凄いかも」

 と(錯覚でいいので)思える日常習慣を一つ持つことで
 その行動が自信を生み、

 その行動が成果をもたらしてくれることにより
 さらなる自信を生む。


■そんな自動操縦のサイクルに自らを持っていく
 ことができれば、

 「自動成長エンジン」

 を自らの中に持つことができた、

 といえるのではないでしょうか。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■「自分はすごい」と(錯覚でいいので)思えることを         毎日、繰り返すことにより、その錯覚が本当の自信に         昇華されることとなる。                     ■これはとくにランニングに限らない。                なんでもいいので、毎日、小さな行動を続けることで、        それが自信になり、さらに、その自信が結果をもたらして       くれることで、さらに頑張ろうという動機づけにもなる。      ■このサイクルが回り始めれば、そのとき、あなたは          「自動成長エンジン」を自らの中に持つことができた         といってよいだろう。                   

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。