毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

2011号 温泉合宿の効果効能


■今日は「コーヒーの話」を一旦、お休みして

 【 温泉合宿の効果効能 】

 について、お話したいとおもいます。


■冒頭にお伝えしたように、この5日間、

 湯河原ならびに伊豆の温泉旅館で、
 強力な友人メンバー達と温泉合宿を行ってきました。

 昔から、このメルマガをお読み下さっている方は
 わたしが定期的に温泉合宿を行っていることを
 ご存じだとおもいます。


■友人たちと行くこともあれば、一人で温泉籠りをして
 本を読みに行くこともありますが、今日は

 「なぜ、私が温泉合宿を定期的に行うのか」

 についてお話しいたします。


■一人合宿、あるいは他のメンバーも交えて
 温泉に行くのにはもちろん理由があるのですが、

 その理由はたくさんあります。

 主なものを挙げると


 ▼場所を変えることで新しい発想が湧いてくる


 ▼日常の喧騒、雑事から解放され、
  あらかじめ定めたテーマに沿った話に集中して
  まとまった時間で取り組むことができる


 ▼従って、議論のレベルも思い切り深いところまで
  入っていくことになるし、時間も無制限にあるので
  メンバー同士の、あるいは自身の次のアクションを
  決めるところまで、持って行くことができる


 ▼移動や食事、風呂など終始、常に顔をつきあわせる
  ことになるから、それまでのお付き合いレベルから
  一気に深いレベルまで相互に理解できるようになる

  (1時間、2時間の会食を10回、20回重ねるより、
   おそらくは1泊2日の合宿を行ったほうが
   一気に仲良くなれる)


 ▼専門分野を持った人たち同士での知識、知恵、ノウハウの
  共有を行うことで、参加者全員、新しい価値を持ち帰る
  ことができる


 ▼参加メンバーから大きな刺激を受ける

  (各人それぞれが、自分の関係する分野で
   頑張っていることが分かるので、自分も頑張ろうと
   いう気にさせられる)


 ▼異分野、異業種の知識が一つの場に
  統合されることでいわゆる「創発」的なことが
  起きてくる


 などなど、さまざまな利点があるので
 かなり費用対効果の高い投資だと私は考えているのです。


 今日は短めですが。


■機会があればぜひ親しい、そして志を同じくする友人達との
 「温泉合宿」を試してみて下さい。

 想像以上の価値がもたらされることをお約束します。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■温泉合宿には様々な「効果効能」がある。             ■それは「より深い関係性の醸成」であったり、            「集中をもたらしてくれる環境」であったり、            「参加のメンバーからの大きな刺激」や「創発的な力学」       が場から与えられること。                    ■数日という時間と、幾ばくかの交通宿泊費を勘案したと        しても、非常に費用対効果の高い投資となるのが           「温泉合宿」である。                   

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。