毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1995号 脳内配線のつなぎ替えには莫大なエネルギーが必要


■昨日は、

 「一日中、頭がしびれるくらい考える機会」

 が時にあってもいい、

 そんなお話をいたしました。


■今まであまり丁寧に考えてこなかった事柄について、

 頭がしびれるくらい、来る日も来る日も同じテーマで
 考え続けているとどんなことが起きるかというと、


 【 脳内の混乱 】


 が起きてきます。


■あれ???
 今までの考え方とちょっと違うぞ、全然違うぞ、

 果たしてこれからどちらに向って、生きていけば、
 あるいは事業を運営していけばいいんだ。

 脳に流れている電流が分岐路に到達して、
 あれ?どっちに流れていったらいいんだろう??

 と迷っている、そんなイメージ。


■いままでは既に敷かれている配線に従って
 流れていくだけでよかったのに、

 あたらしい配線が増えているので混乱する。

 新しい解答(電流の流れ)を求めて
 「ぐるぐると」頭の中を回り始めるのです。


■言葉にしたくても言葉にできない、
 なんともいえない漠とした感覚。

 そのなかさらに考えよう、あるいは本を読んでいる
 ときならさらに読み進めよう、とおもったら、

 (夜、十分に睡眠はとっているはずなのに)

 睡魔が襲ってくることもあります。


■なんでこんなに眠たくなるのかな、
 と思っていたのですが、

 どうやら自分の顕在的な意識で一生懸命
 考えてみても結論が言葉になって現れてこないような
 そういう命題にぶつかったときに


 【 あまりの混乱のため、

   表面的に脳は考えることを止めてしまう 】


 のではないかとおもえるくらい。


■しかしながら、ここでいう

 「考えることを止めてしまう」

 というのは、きっと顕在レベルの話であって、
 無意識ではずっと考え続けているはずです。


■だから、その睡魔に負けて、うとうとしている
 ときにも、言葉にならないレベルで

 (昨日も書いたことですが)


 「わたしは個人としてこれから何をなすべきか」

 「わたしは何によって憶えられたいのか」

 「わたしが大事にしている価値観は」

 あるいは

 「企業(当社)の存在理由はなにか」

 「事業の目的はなにか」

 「顧客はだれなのか」

 「顧客の考える価値とは」

 あるいは

 「来るべき社会とはどんな社会になるのだろうか」

 「そのときに求められる資質や強みはなんだろう」


 などといった問いが朦朧(もうろう)とした意識の中、
 ぐるぐる巡るのです。


■これがすなわち、


 【 過去の自分の知識や考え方と新しい知識や考え方を

          統合しようとして混乱している脳の姿 】


 といって良いかと思います。


■そしてこの混乱期を乗り越えないと、新しい自分に
 作り変わることはないのです。

 振り返ってみると、これまでの人生においても
 そうでした。


 「サラリーマン脳」から「起業家脳」に切り替わったときも、

 「お金>時間 脳」から「お金<時間 脳」に切り替わったときも、

 「他責脳」から「自責脳」に切り替わったときも、

 「起きる全てが妨げ脳」から「起きる全てがエネルギー脳」に
 切り替わったときも、

 「自分一人がよければ脳」から「他者との関わり脳」に
 切り替わったときも、


 いずれの時もみな、その切り替えの前に
 (主として時間的な)莫大な教育投資を施し、

 その結果、脳内が混乱し、そこを乗り越えて、


 【 バチッ!!と脳内配線が切り替わった瞬間 】


 を経験し、

 その瞬間に自分自身が作り変わったように思うのです。


■そうして結果として、
 自分を取り巻く環境も好転してきたのです。

 つまり内側を変えて外側が変わったということです。

 こう考えてみると、


 「混乱こそ万歳!」

 「混乱をもたらしてくれる人、情報は大歓迎」

 「混乱を乗り越えた後に、飛躍が来る」

 「混乱を乗り越えるために時間がかかるのは必然」

 「脳内配線が切り替われば、自分が変わる。
  自分が変われば、取り巻く環境も好転する」


 ということを知っておくことで

 中長期的観点に立って、慌てず、焦らず、
 キャリアや事業を設計することも可能になるのでは、

 今日はそんなことをお伝えできればと
 おもいます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】                ■真剣に新しい知識や情報、価値体系と格闘したら、          必ず脳内に混乱が起きる。                    ■この混乱は歓迎すべきものであり、                 混乱があるから、統合も起きるのである。             ■混乱が統合され、脳内配線がバチッ!!と入れ替わりを        遂げたら、自分の作りかえがなされたといって良いし、        また、その結果として自分を取り巻く環境も好転していく       こととなるのである。                   

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。