毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1988号 未来志向でタネをまく


■常にわたしが意識していることがあります。

 それは

 【 過去に囚われず、未来に向ってタネをまく 】

 こと。


■よく「過去と他人は変えられない」といわれますが、
 これはまさにその通りで、

 過去にさかのぼろうと思っても、
 時間の経過は不可逆的なもの。

 ですから、その願いが叶えられることは
 金輪際ありません。


 また他人の心に介入して、自分の思い通りに
 動いてもらおうという考えも、思い上がりに過ぎません。


■以上のように、

 「過去と他人は変えられない」

 わけですが、しかしながら、これは裏返せば、

 「未来と自分は変えられる」

 ということにもつながります。


■自分の人生を形づくるためには、

 「未来に向って」

 「自分を変革させるために」

 タネをまき続ける、ことしかないのです。

 コントロールできない過去や他人のことを考えて
 思いわずらうのは精神衛生上もよくありません。


■心身ともに穏やかに、毎日楽しく、明るく元気に、
 生きていこうとおもったならば、

 「未来に向って」

 「自分を変革させるために」

 タネをまきつづけること。

 そのタネはやがて芽が出て、木となり、森となる。


■しかしながら、まいたタネがいつ芽が出るかは
 誰にもわかりません。

 果たして1分後に出るのか、1時間後に出るのか、
 1日後に出るのか、1ヶ月後に出るのか、
 1年後に出るのか、10年後に出るのか、

 はたまた数十年後にようやく姿かたちを現してくれるのか。


■いずれにしても、タネをまいたら、いつかは芽が出る。

 過去を振り返らず、他人を恨まず、
 未来と自分に焦点をあわせて前を向いて生きることが
 大事といえるのではないでしょうか。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「過去と他人は変えられない」といわれる。    裏返すとこれは「未来と自分は変えられる」と理解しても    いい。   ■心身ともに穏やかに、毎日楽しく生きていこうとおもった    ならば、「未来に向って」「自分を変革させるために」    タネをまき続けることが重要だ。   ■そのタネはやがて芽が出て、木となり、森となる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。