毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1949号 適用対象のある学びこそ、本当の学び


■昨日のメルマガでは


 「学ぶこと自体が目的になってしまって、

  その学びが実生活に反映されていない、少なからぬ人がある」


 というお話をいたしました。


■かくいう私もご多分に漏れず、

 過去、たくさんの本を読んだり、セミナーや講演に行ったり、

 各界で活躍している人たちから直接、教えを受ける
 機会があったにもかかわらず、

 実際の生活レベルについては、まるで変化がもたらされる
 ことがありませんでした。


■まるで


 「のれんに腕押し」「糠に釘(ぬかにくぎ)」


 とでもいったような、学びが結果に反映されない、
 なんともいいようのない焦燥感が心に満ちていたのです。


■しかしながら、

 あるとき、その焦燥感というべきか、不安感というべきか、

 こんなに勉強しているのに、なぜこんな有様なんだろう、
 と悶々とした心が臨界点に達したある日、


 「このままではいけない!」

 「行動しなければ!」


 と突如思い立って、今から6年ほど前のことでしょうか、


 【 60日間メルマガ読者数1万人プロジェクト 】


 と銘打った、

 「60日間でメールマガジンの読者数1万人を目指す」

 という(とっても野心的な?)一人プロジェクトを
 ネット上に立ち上げたのです。


■このプロジェクトのことを知る人は、
 メルマガ読者さんのなかでも、もの凄く少数派になっている
 とおもいますが、

 (いまはそのサイト自体も消滅し、
  検索かけたりしても何の痕跡も残っておりません。
  念のため、、)

 この名称を冠したプロジェクトを立ち上げ、
 前に進んでいった瞬間からすべてが変わったのです。

 そう、すべてはここから始まったのです。


■プロジェクトを立ち上げ、推進するということは
 行動するということであり、

 このプロジェクトを立ち上げたが故に、
 はじめて


 【 学び ⇒ 行動 ⇒ 学び ⇒ 行動 ⇒ 学び ⇒ 行動 ... 】


 と永遠に続くサイクルの入り口に立つことが
 できたわけです。

 学びと行動とが、連動するようになったのです。


■当時(今でも?)60日間で10000人の読者さんを集めると
 いうのは、結構、壮大?な目標でした。


 しかしながら、背伸びした大きな目標を掲げた瞬間から、

 すべての学びがその目標に向けて有効活用される
 こととなったのです。


■それまでは「学び」が「学び」にしか過ぎなかったのが

 あるゴールを定めて一心不乱に突き進もう!と決意し、
 行動し始めたときから学習が、

 「適用対象のない学び」から「適用対象のある学び」

 へと変化し、

 学ぶこと皆全て、取り組んでいるプロジェクトに
 有効活用させられないか、と意識が向くようになったのです。


■逆にいうと、取り組むべきプロジェクトがない状態で
 いくら勉強を続けていても

 「適用対象のない学び」

 ですから時間の経過とともに、風化し、朽ち果て、腐り始める
 こととなります。


 そうして最終的にはせっかくの学習が
 「勉強した」という自己満足の世界で終わってしまって
 いたから結果が出ていなかった、

 ということに、その時はじめて気がついたのです。
 (遅すぎですが、、)


 長くなりますので、明日に続けます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■背伸びした大きな目標を掲げることで、学習意欲も湧いて    くる。   ■そして、その目標が明確であるがゆえに、学んだ内容も    すぐに実際の現場に適用することができるようになる。   ■このプロセスを繰り返し、    【 学び ⇒ 行動 ⇒ 学び ⇒ 行動 ⇒ 学び ⇒ 行動 ... 】    のサイクルが軌道に乗ると、すべてが善循環で回り始める    こととなるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。