毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1923号 俯瞰(ふかん)の効用


■今日は「俯瞰(ふかん)の効用」というテーマで
 お伝えいたします。


 「俯瞰」とは、

 高いところから見下ろすこと、
 全体を上から見ること

 と広辞苑(第五版)にありますが、


 自分の人生、自分のビジネスにも「俯瞰的な視点」を
 時折、取り入れてみてはいかがでしょうか。


■人生のいろんな側面を俯瞰してみましょう。

 たとえば、人間関係、事業、人生設計など。


 このときに私が意識しているのは

 【 時間軸 】 と 【 本質軸 】

 の二つ。


■ここでいう「時間軸」とは、

 近視眼的な視野で物事を捉えるのではなく、
 できるだけ長い時間軸を取り、

 その枠組みの中で考えてみる習慣をつけてみてはどうか、

 ということ。


■そして「本質軸」とは、

 それは果たして「本質」あるいは「より本質に近いことなのか」を
 問い直す習慣をつけてみる、

 ということ。


■とはいえ、じつはこの二つは、二つであって一つだと
 おもっているのですが。

 すなわち、最大限に時間軸を引き延ばして考えてみれば、
 結局、あらゆるものは、長い時間を経て本質的なところに
 回帰するのではないか、

 と考えているから。


■そんな風にちょっと意識してみると、

 周りの人の活躍をみて、短兵急に行動をおこさなければ、

 なんて焦る必要もなくなるし、

 短期の結果を求めて、無理な、あるいは横紙破りをするような
 負荷を自分や周囲の環境に対してかけてしまうことも
 なくなるでしょう。


■俯瞰の視点を持つことで、なにか行動を起こすときにも、

 「これはちょっとおかしいかも」

 と、おかしな力が自分にかかるのを自制することにも
 なるでしょうし、

 より負荷なく、致命的に方向を過(あやま)つことなく、
 目指す頂(いただき)に向って、歩んでいくことが
 できるのではないか、

 そんな風に考えている今日この頃です。


 今日はちょっと短めで。
 明日に続けます。


 あなたの人生とビジネスの参考になれば幸いです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■自分の人生、ビジネスに「俯瞰」の視点を取り入れる。   ■その際、意識するのは「時間軸」と「本質軸」の二つ。    この視点を持つことで、    より長期的、より本質的なところでの目標達成や問題解決を    助けてくれることになるだろう。   ■同時に、性急に事を運びすぎたり、あるいは、    なにかおかしいとおもったときに自制する歯止めにも    なるのが、この「俯瞰的な視点」である。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。