毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1906号 学んだ小さな事を一つずつ実行することで


■私は、

 人生において、自分が満足できる結果を得るためには
 なにを、どのように行えばいいのだろう、

 これまで、そんなことばかり毎日考え、テストしては、
 その結果を検証してきました。


■この過程の中でたくさんのことを学んだり、気づいたりして
 きたわけですが、

 今日は、なかでも

 【 とりわけ重大な発見 】

 について語ろうとおもいます。


■といっても、そんなに目新しい話ではなく、
 むしろ「当たり前の領域」の話なんでしょうけれども、

 それでもなお、声を大にして、あなたに、
 (そして私自身にも)徹底してお伝えしなければ
 ならないことだとおもうのです。


■それは、


 【 毎日の生活の中で、これは!とおもったことは

     後回しにせず、その場で一つ一つ、行動に移す 】


 こと。

 実は案外、これが出来ている人が少ないです。(含む 私)


■あなたも私も、一日生きたら、一日生きた分だけ、

 「これを取り入れるといいなあ」

 と思う考え方や仕事術、話し方、ツールなど、
 出てくることとおもいます。


 少ない人でも最低1つくらいは、また気づきの多い人だと
 3つも5つも10も出てきているかもしれません。


■しかし、本当のところ、


 【 人生に変化をもたらしてくれるものは

              気付きの数ではない 】


 のです。


 ここ、重要なのでもう一回、いいます。


 【 人生に変化をもたらしてくれるものは

              気付きの数ではない 】


 のです。


■気付きの数が人生に関係ないのであれば、
 なにが関係してくるのか、

 という至極、もっともな疑問が当然ここで出てくる
 でしょうけれども、

 じつは人生に影響を及ぼすのは、


 【 気付きの数ではなく、気付いて実行に移した行動の数 】


 だけなのです。


■たとえば、

 毎日10個気付いて、一つもそれを自分のものと
 しなかった人よりも、

 毎日1つの気付きしかなくても、その一つ一つを
 着実に、自分の血肉にして取り入れた人のほうが

 数週間、数ヶ月、数年とたったとき、圧倒的に成長している
 ものです。


■ですから、あなたの周りにもいらっしゃるかもしれません、

 本をたくさん読んでいるけれども、一向に外面的な成果と
 なって表れてきていない人が。

 (ひょっとしたら、あなた自身がそうかもしれません、、)


 一生懸命頑張っているのに、なぜそういう状態に陥るのか
 というと、ひとえに、

 「せっかく(本を読んで)いろんなことに気付いているのに、
  その気付きを行動に移していないから」

 結果となって表れないのです。


■そして焦って、こんなはずではない!と
 さらに本を読んでは、消化不良を起こして、何一つとして
 実行できない、

 そんな負のスパイラルに入ってしまっている人も
 少なくないようです。


■ですから、なかなか結果が出ない、と思う人があるならば、

 「そもそもの手数の少なさを問題にしなければならない」

 のかもしれません。


 もちろん、気付き自体が少ない人であれば
 それ以前の問題かもしれませんが、

 「平成進化論」をお読みの方であれば
 きっとその段階はすでに通り過ぎ、気付きがあるけれども
 結果となって反映されない、

 そんな悩みを持たれている方のほうが多いでしょう。

 そして実際、そのような質問を良く頂くのです。


■その悩みへのお答えとしては、

 ここまで述べてきたように、


 【 インプットする ⇒ 気付く (発見、感動、満足感。それでおしまい) 】


 ではなくして、


 【 インプットする ⇒ 気付く ⇒ 取り入れる ⇒ 生活の変化 】


 のサイクルを回すことを意識すべきでしょう。


■ちなみに、たとえば、わたしが先ほど冒頭でご紹介した


 【 今日のお薦め本 関心力 「お客様目線」から学んだ成功法則】



 には、

 「机の上に鏡を置いて笑顔の練習をする」

 という話が出てきます。


 そうすると、わたしはすぐに


 【 今日のお薦め「鏡」 ナピュア アルミスタンドミラー(L) 】



 さっそくこの鏡を注文して、笑顔作りの研究に励むことに
 なります。(すでに注文済み)


■たとえば、一日一冊、本を読んで、一つでいいので
 そうやって実行したら、年間では365個の改善、改良の行動を
 とったことになります。

 一方で、たとえいい話だなあ、とおもったとしても、
 何もせずに、ゼロ個の行動の人がもしあったとしたならば
 その分だけ小さな差が生まれることでしょう。


■そして、これが3年、5年、そして10年とたつと、
 じつに「3650個の改善活動の差」となって現れてくる
 のです。(恐)

 そうなってからではさすがに取り返しがつきませんし、
 追いつこうとおもっても追いつくことはほぼ不可能でしょう。


■さらに恐ろしいことに、実はこれらの行動の差は、

 いずれ余剰の時間を生み出す差となり、気付きの差、手数の差、
 あるいは場合によっては経済力の差となり、

 その差がさらなる差を加速度的に生み出し始めます。
 (複利効果が働いてきます)


■だから

 「いますぐ始める最初の一歩」

 と

 「そのうち始めようとおもっている

   (そして往々にして、一歩も踏み出さないことになる)

                        最初の一歩」


 という小さな差が、将来、致命的なまでの差となって
 現れてくる恐怖をよく知らなければなりません。


■まずわたしは


 【 今日のお薦め本 関心力 「お客様目線」から学んだ成功法則】



 という本で学び、

 そして、この本で得た情報に基づき、


 【 今日のお薦め「鏡」 ナピュア アルミスタンドミラー(L) 】



 を購入し、笑顔の練習を始めるという行動、
 すなわち最初の一歩を踏み出しました。


■そして更に、この本のなかにはそういう「気付き」「ヒント」
 を与えてくれる、たくさんの良い話が書かれているのですが、

 それをまず「知り」、一つ一つ「行動レベルに落としていく」

 ことで、着実にそれが未来、効果となって現れることを
 既に私は知っています。

 (その事例として鏡の購入の話を挙げたのですが)


■そしてあなたにも、ぜひその「快感」を体感いただきたいのです。


 【 インプットする 】⇒【 気付く 】⇒【 実行する 】

 そして ⇒ 【 成果を体感する 】


 このサイクルを、ぜひ心がけてみて下さい。


■そのための練習として、


 【 今日のお薦め本 関心力 「お客様目線」から学んだ成功法則】



 という本で学び、

 そして、この本で得た情報に基づき、


 【 今日のお薦め「鏡」 ナピュア アルミスタンドミラー(L) 】



 この鏡を購入する。


 そんな「小さな最初の第一歩(サイクル)」を回すクセをつける
 ことが、あなたの人生の転換点となる(!?)のかもしれません。


 ※思い立ったら、すぐに動くことがいかに人生に大きな
  変革をもたらしてくれるのか、についてもこの本に
  取り上げられています。


■今日は、

 仕事で、プライベートで、成果を出すための


 【 とりわけ重大な発見 】


 をシェアさせていただきました。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■毎日の生活の中で、これは!とおもったことは、    後回しにせず、その場で一つ一つ、行動に移す。    これが成果を出している人の典型的な特長である。   ■また、人生に影響を及ぼすのは    【 気付きの数ではなく、気付いて実行に移した行動の数 】    であることも知らねばならない。   ■行動の数が足りないのに、気付きの数が足りないと    やみくもに、いたずらに、インプットを増やそうとすると    その行動が更なる消化不良を生み出すことにもなりかねない。   ■気付いたことを一つ一つ行動に移す、このサイクルを    回し続けると、複利効果の加勢も得て、時間の経過と共に    大いなる果実を享受できるようになるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。