毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1878号 頭をよくする方法


■今日はある種、わたしの一番重要な仕事でもある、

 文章を書く、人と話をする、

 という行為についてお伝えしたいとおもいます。


■「文章を書く」「人と話をする」

 これらの行為は


 【 頭の中の混沌から、意味のある断片を引き上げてきて

   整理する作業 】


 と言い換えてもよいでしょう。


■だから、


 「人は文章は書けば書くほど賢くなる」

 「人に話せば話すほど賢くなる」


 これは真実なのです。


 そもそも脳の構造からいっても、
 文章を書いて、話をして、頭がよくならないはずが
 ありません。


■と、ここまで書くと、


 「では、おまえ(鮒谷)は毎日、文章を書いて配信して、

  賢くなったつもりになっているかもしれないけれども、
  それでこの程度なのか」


 といわれるかもしれませんね。

 でも、哀しいことに、その通り。
 この程度なのです。


■さはさりながら、

 やってなければ、もっとどうしようもなかったわけ
 ですから

 「やっててよかった!」

 が私の率直な思いなのです。


 いや、もっというと、

 「やらなきゃ、どうなっていただろう」

 というのが、より正確なところかもしれません。


■従って、今日の結論としては


 【 頭をよくしたければ、どんどん情報発信すればよい 】


 ということになるわけで、

 あなたもぜひ、テーマを決めて書く、話す、ということに
 チャレンジしてみてください。


■開始して、早ければ、一ヶ月~数ヶ月で、
 あるいは遅くとも1年経つ頃には、

 自分でも信じられないくらい

 「頭が良くなった」

 実感を持たれることは間違いないでしょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「文章を書く」「人と話をする」という行為は、    【 頭の中の混沌から、意味のある断片を引き上げてきて      整理する作業 】    といってよいだろう。   ■すなわち、これらを行うことがそのまま自分の頭脳を    鍛えるための訓練となる。   ■とするならば、頭をよくしようと思ったならば、    積極的に文章を書く、人と話をする(=情報発信)という    機会を持つことが一番の近道になるだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。