毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1876号 習慣の棚卸し


■昨日は「習慣」の話を少し書きましたが、
 おかげさまで、たいそうな数の反響がありました。

 毎日のメールマガジンの

 出来不出来、(というよりも、内容の刺さり具合)

 はいただくご感想の数と内容でよくわかるので、
 毎日が真剣勝負です、、


■せっかくですので、

 わたしが「習慣」について考えていることを
 さらに深くあなたと共有させていただき、

 なにかお役に立つことがあればとおもって、
 今日は配信いたします。


■こうやって情報発信していると、

 時折、

 「成功の秘訣を一言でいうとすると

  それはなんだとおもいますか?」

 と聞かれることがあります。

 そんなものが簡単に分かれば私が一番知りたいわけ
 ですが(笑)


 ただ、いろんな成功者といわれる人と出会う中で、

 ほとんど最大公約数といってもよい共通点があることには
 以前から気がついておりました。


■気になる「最大公約数」、それは、


 【 よい習慣をどれだけ身につけているか 】


 ということなのです。


 じつのところ、


 【 よい習慣を身につけている人 】

 と

 【 よい習慣を身につけていない人 】


 の間には致命的な差が存在します。


■ある人はプラスの方向に向っているのに、

 ある人は同じ時間が経過したときにマイナスの方向に
 向ってしまっているのです。

 よい習慣を身につけていない人はゼロ、その場に
 留まっている、ということにはなりません。

 <マイナスの方向>に向って進んでいるのです。


■よりわかりやすく説明すると、

 「よい習慣を持つか持たないか」

 という表現は正確には正しくなくて、

 よい習慣を持っていなければ、

 (習慣の空白というものはありえず)


 【 そのスペースを代わりに悪い習慣で埋めているだけ 】


 なのです。(恐ろしいことです)


■たとえば


 ▼歯磨きという良い習慣を持っている人と、

  歯磨きしないという悪い習慣を持っている人。

  両者が毎日、一歩づつ、プラス方向とマイナス方向に
  進んでいます。


 ▼運動するという良い習慣を持っている人と、

  運動しないという悪い習慣を持っている人。

  両者が毎日、一歩づつ、プラス方向とマイナス方向に
  進んでいます。


 ▼勉強するという良い習慣を持っている人と、

  勉強しないという悪い習慣を持っている人。

  両者が毎日、一歩づつ、プラス方向とマイナス方向に
  進んでいます。


 ▼挨拶するという良い習慣を持っている人と、
  挨拶しないという悪い習慣を持っている人。

  両者が毎日、一歩づつ、プラス方向とマイナス方向に
  進んでいます。


 これを毎日、じわじわと繰り返すのですから、
 1年、2年、3年、5年、10年とたったときに

 恐ろしいほどの差がそこで生じてしまうわけです。

 しかしその習慣から生み出される結果はすべて自分が
 引き受けなければなりません。


■そんなふうに


 【 良い習慣を持っているか、持っていないか 】


 ではなく、


 【 よい習慣を持っているか、悪い習慣を持っているか 】


 という、両者いずれかしか、存在しないと考えてみては
 いかがでしょう。


■そして、

 よい習慣を持っている人は、毎日努力している自覚なく、


 (なぜなら習慣化しているから。

  本人にとっては、いたって当たり前のことを
  しているだけであり、努力しているとはまるで
  思っていないわけです。

  努力して歯磨きしている人なんていませんよね)


 だから、よい方向に進んでいくことができます。


■ひるがえって悪い習慣を持っている人は、
 これまた毎日、自覚もなく、


 (慣性の法則に従うがごとくに、
  川の流れに従うがごとくに自動的に)


 悪い方、悪い方へと進んでいくことになります。


■苦労して、苦学して、努力して、成功した。

 たとえそんなふうに見える人があったとしても
 実のところ、本人としては


 「苦労してきた、あるいは努力してきた」


 と思っていることは皆無で、


 「よい習慣を身につけ、その習慣に身を任せている間に
  気がついたら成功していた」


 というケースが圧倒的に多いように見受けられるのです。


■だいたいにおいて、

 努力する、苦労する、と感じることを継続して
 続けるのは至難のこと。


 人間、短い期間であれば努力、苦労もできますが

 やっぱり、よい習慣が身につき、それを
 やり続けることが

 「当たり前」で「苦労が苦労にならなくなったとき」

 時間の経過と共に大きな成果が現れてくるのでは
 ないかとおもうのです。


■ぜひ、これを機会に、いちど、

 「あなたが身につけている習慣」

 について思いを巡らせてみられてはいかがでしょう。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■成功者の最大公約数、それは「よい習慣を身につけている    こと」ではないか。   ■そして習慣には2種類ある。    よい習慣と悪い習慣、の二つ。よい習慣がないところは    空白なのではなく、悪い習慣が入り込んでいる。   ■「悪い習慣」を一つづつ「よい習慣」に置き換え続ける    ことで、苦労なく、努力なく、自動的に成功する道を    歩み続けられるようになる。   ■一度、あなたが身につけている習慣を棚卸しし、    保持し続けるべき習慣と廃棄すべき習慣を分別し、    後者を廃棄し、前者に置きかえていくことを試みられては    どうか。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。