毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1865号 最高の学び環境を探し求めたリサーチ結果報告号


■一昨日から、

 「自らのために最適な環境を整える」

 というテーマでお話しましたが、今日もこの話を続けます。


■昨日は、

 (わたしにとって)最高の学びの場所は

 「大学の図書館」

 だった、というお話をしましたが、


 今日は逆に、

 いろいろ試してみたけれど、
 100%の満足を得ることはできなかった、


 そんな

 【 学びに適した環境を探し求めたリサーチ結果の報告 】

 ならびに

 満足のいかなかった理由なんぞを書いてみて、

 みなさんがすべてを試さなくても、雰囲気が伝わるように
 お届けしたいとおもいます。


■そのリサーチ結果をご参考の一助としていただき、

 ぜひあなたならではの


 【 最高・最強の学びの環境 】


 を見つけ出していただければとおもいます。


 (というか、多くの場所について
  皆さんすでにご経験済みのこととおもいますが、、、)


■基本的に、わたしが満足しきれなかったところと
 その理由についてご説明いたします。


 (注記:

  以下、あくまで「私が」「読書ならびに勉強する」

  にあたっての環境についてのレポートです。

  すべての目的に当てはまるわけではありません。
  念のため。


  それと、

  わたしは体質的に「タバコの煙」がまったくダメなので

  そういう個人的な事情が入っていることを差し引いて
  お読みください

  いうまでもなく、「タバコを吸われる方」がダメというのでは
  ないので、こちらも合わせて念のため)


■では、以下のリサーチ結果をご覧下さいませ。


 ▼喫茶店(チェーン店)


  ほとんどはタバコの煙でアウト。

  分煙でも。

  わたしはタバコが非常に苦手なので、10メートル先から
  この匂いがきただけで集中力が99%減衰、減退してしまいます。

  なかに、完全禁煙のところがありますが、
  これはいいけど、

  照明の明るさに問題があるところがあります。

  それと隣に座られる方によっては、著しく集中力が妨げられる
  ケースがある。(席同士の間隔が狭いので)

  いちおう、常に耳栓は持ち歩いていますが、
  それで間に合わないケースが10回に1~2回くらいあるので
  ちょっときびしいかも。


 ▼喫茶店(街にある雰囲気のいいカフェ)


  お店により、雰囲気、照明、落ち着き具合など
  すべての点において合格でも、

  ただ、お一人でもタバコを吸われる方が登場されると
  その時点で店を出なければならなくなってしまう。

  入店3分後にそんな事態に陥ると悲しいことになります。


 ▼ファーストフード


  じつはきらいじゃないです。
  某チェーンなどは、100円でコーヒーのめますし。

  禁煙(分煙)が徹底されているところも多いです。
  明るいし。

  しかしながら、賑やかな一団がくるとアウトです。


 ▼ファミレス


  深夜学習にぴったり。

  でもやっぱりここでも、賑やかに過ぎる集団が
  時折いらっしゃり、その瞬間にやっぱりアウト。


 ▼ホテルのラウンジ


  悪くないです。
  しかし、照明が暗いことが多い。

  昼間良くても、夜は間接照明になったり。

  禁煙ないし分煙は、されていることが
  多いけれども、

  やはり解放空間ゆえ、遠くからタバコの煙が漂ってきた
  瞬間、集中力が途絶します。


  あと、

  となりにビジネスパーソンが座ると

  (職業柄?)悪気はないのですが、つい、隣の会話が
  耳に入ってきて、聞き入ってしまうことがある。


  そういうこともあり、

  ビジネスパーソン(ないしスーツを着た人)
  がほとんどこない、ある、すごく雰囲気のいい、

  タクシー圏内にある、とあるホテルをよく利用することに
  なったのですが、

  たまに(というか、結構頻繁に)
  俗に有閑マダム(古い表現なんですかね)とおぼしき方々が
  いらっしゃり、

  お子さんのお受験の話とか、進学の話とかが
  はじまるとアウト。

  おもわず興味津々で聞き入ってしまったり、

  あるいは、だんだんみなさん興奮して?声が大きくなって
  くることがあり(笑)、集中力が途切れてしまったり。

  で、100%の力が発揮できないことがあります。


 ▼公共図書館


  悪くないです。

  ただ席取りの問題があったり、どうしても勉強しよう!
  という感じではなく、新聞を読みに来られるご年配の方が
  いらっしゃり、

  大学図書館ほどの切迫感がなく、
  次善の策というところでしょうか。


 ▼わたしの自宅(マンション)の1階にある
  公共フロアみたいなところ


  じつはわるくないけど、時間制限があり(オフィスビルのため)

  午後7時(だったかな)で終了してしまいます。


 ▼公園のベンチ


  曇りの日は最高です。
  でも晴れるとまぶしくて本が読めない。

  雨の日はいわずもがな。

  また、これも場所によってタバコの煙が、、、


 ▼近所にある小石川後楽園(日本庭園)を歩きながら


  晴れの日は散歩に最高です。

  でも、本を読むのはちょっと厳しいですね。
   (他者からの視線とかもあるし、晴れの日はまぶしく、
   雨の日はもちろんアウト)

  曇りはいいけど、あまりに長時間、歩きながらというのは
  目も疲れるので難しいです。

  音声ききながらというのはいいですが
  やっぱり気持ちいい天気の日は散歩に集中するのが
  精神衛生上もよいようですね。


 ▼近所にある小石川植物園を歩きながら


  晴れの日は散歩に最高です。

  でも、本を読むのはちょっと厳しいですね。
   (他者からの視線とかもあるし、晴れの日はまぶしく、
   雨の日はもちろんアウト)

  曇りはいいけど、あまりに長時間、歩きながらというのは
  目も疲れるので難しいです。

  音声ききながらというのはいいですが
  やっぱり気持ちいい天気の日は散歩に集中するのが
  精神衛生上もよいようですね。

  ということで、小石川後楽園と一緒です。


 ▼事務所


  悪くないけど、関係ない本とかもいろいろあったり
  PCも置いてあるので、100%、勉強に集中しきれないところが
  あります。


 ▼自宅


  悪くないけど、関係ない本とかもいろいろあったり
  PCも置いてあるので、100%、勉強に集中しきれないところが
  あります。

  悪いことに布団まであります(汗)


 ▼サービスアパートメント


  昨日お伝えしたとおり、ベッドがあるので
  最悪です。

  眠るつもりがなくっても、横になれ、横になれと
  執拗に誘いをかけてきます。


 ▼新幹線、JR特急、飛行機


  集中力が続いている時間については悪くはないですが、

  これも振動が心地よい眠りに誘ってくれるため
  最高かといわれるとちょっと、、


 ▼温泉一人合宿


  案外悪くないです。
  しかしながら、コストがかかるのと、

  旅館の場合、布団の上げ下ろしとか
  部屋への食事をもってきてくれたりとか、

  宿泊してる側なのに時間とかに結構気をつかったりします。
  (集中しきれない)


  また天気によっては散歩したい誘惑にかられるので
  微妙です。

  ただ、大規模温泉旅館(というかホテル)で、

  バイキング方式とかで料理を部屋の外に食べに行く形式、

  ベッドがあって畳の上げ下ろしなどがないところ、

  などは、じつは結構いい感じです。

  (もちろんリラックスしにいくとかの目的なら
   お薦めです、あくまで勉強するための場所として、
   ということです)


 ▼都内のホテルに一人合宿


  よくやりますし、きらいではないですが
  一番のネックは夜、本を読めないところですね。

  間接照明や、蛍光灯などはありますが、
  暗すぎて目が疲れます。


  逆に室内が明るいホテルというのもありますが、

  そういうホテルは一般的に、室外がうるさかったり、
  となりの部屋の物音が聞こえてきたりすることも

  往々にしてあり、集中できなかったりします。


■ということで、

 わたしにとって、一番、しっくりくる学びの環境は


 【 大学の図書館 】


 だったのでした。


■以上はあくまで私がさまざまに実験してみて
 行き着いた結論ですが、

 これはあくまで私にとって最適の環境、ということです。

 あなたにとっての最高の学びの環境はどこにあるのか、

 以上のリサーチ結果なども参考にしながら(?)

 ぜひ、すばらしい場所を探し当てていただければ
 とおもいます。


 ではでは。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■「自らのために最適な環境を整える」ために、    一番、目的にしっくりくる環境がどこにあるのか、    自分で探し求めるのも悪くない。    (結局の所、当人にしか、本人にとっての最適な環境が     どこにあるのかは、わからないから)   ■あわせて、他者の「最適な環境」情報を入手し、    自らの状況に合わせて取り入れることも一つの方法であろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。