毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1857号 淡々と、ただ淡々と、淡々と


■仕事をしていると、あるいは日常生活においても、

 面倒なクレーム処理の担当となってしまったり、
 いろいろなトラブルに巻き込まれたり、

 心中、穏やかならざる事態に見舞われることも
 あるでしょう。


 あなたも、

 そういった経験がきっとおありだと思いますし、

 いま現にそういう状況にいらっしゃるのかも
 しれません。


■これに対する対処としては、

 そもそも、そういったトラブルが起きないように
 未然に防ぐための準備にこそ時間をかけるべきであり、

 その一手間、二手間を惜しまず、
 時間をかけて未然に予防する

 ということが正解になろうかとおもいます。


■実際問題として、

 クレームやトラブルへの対応において、
 未然に防ぐために必要だった準備に費やす時間と比べ、

 結果として、その5倍、10倍の時間を奪われてしまうことも
 あることを深く理解し、

 それを防ぐ手だて事前に行ったり、
 その仕組み作りに時間を投資することが一番の
 解決策となるでしょう。


■とくに


 注意力散漫で(わたしのことでした)

 いい加減で(わたしのことでした)

 行き当たりばったりで(わたしのことでした)

 だから、いろんなミスが多い人(わたしのことでした)

 であれば、


 そういうクレームやミスが起りにくくなるための
 仕組み作りや、事前の準備を怠りなく行うことにより、

 後処理に時間をとられることが五分の一、十分の一に
 なったりすることがあったりします。(わたしのことです)


■しかしながら、

 それでは完全にミスをなくすことができるのか、

 あるいは心を煩わせることを100%遠ざけることが
 できるのか、


 というと、それはやはり人間が人間社会で生きていく
 わけですから、

 常に穏やか、平穏無事という状況は永遠に訪れないだろうと
 思っておいたほうがいいのかもしれません。


■現にわたしも、だいぶ少なくなったとはいえ、


 「あー、やっちゃったー」

 とか、

 「この件についてはどのように対処しようか」


 なんてことがそれでも日々、起きてくるわけですが、

 それに対して編み出した感情コントロールの秘訣として、


 【 淡々と、ただ淡々と、淡々と 】


 この言葉を頭の中で繰り返すことを覚えました。


■どんな大変なことをしでかしてしまったとしても
 命まで取られることは、少なくともこれまでは
 なかったわけですから、

 下手に力が入りすぎたり、あんまり考えすぎて、
 いろんな感情に振り回されるよりも、

 深呼吸したりしながら、


 【 淡々と、ただ淡々と、淡々と 】


 の思いをもって、一歩づつ前に進んでいくのが正解のように
 おもいます。


■先日、

 「日々揺れ動く感情を鮒谷さんはどのようにコントロール
  しているのですか?」

 という趣旨の質問を頂きましたので、

 今日のメルマガは、そのご質問への答えとさせて
 いただきたいとおもいます。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■仕事や日常生活においては、いろんなトラブルやミスの    ため、心穏やかならざる状況に陥ることがままあるものだ。   ■極力、そういった状況に陥らないための、事前の準備、    予防に時間をかけることが一番の対処法である。   ■しかしながら、それでも心煩わされる場面に遭遇した    際には、    【 淡々と、ただ淡々と、淡々と 】    この言葉を頭の中で繰り返しながら、その場を淡々と    対応していくのがよいだろう。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。