毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1844号 情報発信は自分の実績・業績の喧伝の場


■わたしはこうやって皆さまにメルマガを
 毎日配信しており、

 この活動にさまざまな意味を持たせているわけですが、
 そのなかの大きな一角を占めているのが、

 なにを隠そう


 【 自分の実績・業績の喧伝(けんでん) 】


 であります。


 ※喧伝...世間にいいはやし、伝えること(広辞苑第五版より)


■いつもメルマガでご紹介しており、
 今日の冒頭でもご登場いただいた、

 弁護士の世界で(とくに人事労務分野において)、

 実績、能力、経験、顧問先、そしておそらくは収入も
 名実共に日本最高レベルにいらっしゃり、


 わたしの自分の仕事の進め方や人付き合いの方法に
 おいても大きな影響を与えて下さった、

 公私にわたっての先生である高井伸夫先生


 (ベストセラー著者でもあります)


 【 今日のお薦め本 3分以内に話はまとめなさい
                   ~できる人と思われるために】



 【 今日のお薦め本 朝10時までに仕事は片づける
               ~モーニング・マネジメントのすすめ】



 【 今日のお薦め本 3分間社長塾~スピード判断力をつける】



 【 今日のお薦め本 仕事で人は成長する】



 も以前、


 【 経営者たるもの、自分の仕事を喧伝しなければならない 】


 といわれていました。


■経営者もコンサルタントも、
 あるいは会社におつとめのビジネスパーソンにとっても、

 自分や自社の喧伝は重要な仕事の一つです。


 あなたが自らの実績を喧伝しなければ、

 あなたを必要とする人が、あなたを探し当てられない、

 ということになってしまうのです。


 もちろんウソや誇大表現は問題ですが、

 実績を胸を張って訴えるのは一向に構わないどころか
 どんどん積極的に行わなければならないと考えます。


■わたし自身も自身の業績をわかりやすく喧伝している人に
 惹かれますし、

 著書でもブログでもメルマガでもSNSでも
 ニュースレターでもなんでもいい、

 なにごとかを発信している人で、その内容も裏付けのあるもの
 だとおもうから、その人、その会社を信用してお付き合いを
 始めることとなることが多いです。


■せっかく伝えるべきものを持ちながら
 伝えない、

 というのは、

 本人に明確な考えやポリシーあってのことなら
 これはとやかく外野がいうべきではありませんが、

 もしより多くの見込み客、お客さんにアプローチしたい
 とおもいながら、どういうわけか自分の回りに見込み客が
 集まってこない、

 ということであるならば、ひょっとすると


 【 喧伝不足 】


 を疑わなければならないかもしれません。



■別の切り口でいうと、実際に多くの人は、

 就職活動の際であれば、エントリーシートや面接で、

 あるいは

 転職活動の際においても履歴書や面接で、

 それまでの実績を【喧伝】してこられたはずです。


 そしてそうしなければ、採用してもらうことはできない
 のです。


■ならば

 きちんとした実績を積み、それを大いに宣伝してみては
 いかがでしょうか。


 自らの実績を誇示し、上から目線でモノをいう、とか、

 針小棒大に成功体験を語る、とか、

 無から有を生み出す錬金術師のごときトーク、とか、


 そういうのは個人的によろしくないと思いますが、

 正当な能力や実績、経験の裏付けあっての上で、

 それらを保持していることをきっちりと伝えることができる
 スキルはビジネスパーソンにとっては必須の能力と
 いえるでしょう。


■そうしなければせっかくのチャンスを逃してしまう
 ことにもなりかねません。

 「あなた」という適任者がありながら、するりと
 傍らを通り抜け、

 他の人にそのチャンスが回っていってしまうことすら
 あるのです。


■遠慮せず、どんどんあなたの実績、能力、経験、スキル、
 知識、ノウハウを告知していきましょう

 そうすれば、今の時代であれば、きっと必要としてくれる人が
 あなたを見つけ、正当に評価してくれることでしょう。

 そしてそういう人と出会えることを確信するからこそ
 さらに自らの市場価値を高めるための努力を余念なく
 行うことができるようになるのです。


■告白すると、

 わたしがこのメールマガジンを丸5年間、
 一日も欠かさず発信してきたのは、

 ひとえに、

 自分を必要としてくれる人との出逢いを求めて
 自らがどのような資源を所有しているかを喧伝するためであり、


 その副産物として、

 よりよい実績を記述できるよう、自らの成長を期して、
 行動を重ねる動機付けが生まれました。


■おかげさまで、少なくとも私の周囲にいた
 古くからの友人たちからは、変貌した私の姿を見て、

 たった5年のうちに、想像以上に遠くまでいくことが
 出来るんだなあ、

 感嘆されることとなりました。


■それもこれも


 【 まず自らを喧伝し、

   自らのセールス文句にまけないように、

   自らを作り替える 】


 このプロセスを前のめりになりながらも
 忠実に実行してきたからに他ならないと自分では
 おもっているのです。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■情報発信を行い、自分の実績・業績・知識・ノウハウなどを    の喧伝すべし。   ■情報発信が、いまだ知らなかったあなたの存在を世の中に    知らしめることとなる。    そしてそうやって、評価がされるようになると    より高い評価、実績、経験、能力を求めて、ますます    がんばれるようになる。   ■まず自らを喧伝し、自らのセールス文句に負けないように    自らを作り替える。    このプロセスを何度も繰り返すことで、きっとあなたは    別人に生まれ変わることができるようになる。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。