毎日20万人が読んでいるビジネスコラム 平成進化論

日本最大級・毎日20万人が読んでいるビジネスメルマガ
「平成進化論」のバックナンバーをご紹介しています。

メールマガジン「見本」はこちら

1837号 殿堂入りのすべらない話


■数日前から


 【 体験にこそ、投資いたしましょう 】


 という話をしています。


■なぜか、かなり多くの反響を頂いているので、
 調子に乗って、今日もこのことについて書きたいと思いますが、

 なぜ私が


 【 体験に投資いたしましょう 】


 と口を酸っぱくしてお伝えしているかというと、
 じつに簡単な話で、


 【 そもそも既に一般に出回っている、手垢のついた情報よりも


         各個人に帰属する、固有の体験のほうが希少性が高い 】


 からなのです。


■そして一般には、


 【 希少性が高い=高い価値を持つ 】


 ということになりますね。


■たとえば、

 テレビとか新聞とか本などから得られる情報は、

 そこから見たり、聞きかじった内容を

 「耳より情報ですよ」「有益情報ですよ」

 といって第三者に伝えたとしても、


 相手が情報通、勉強家であれば、内心、

 「その話知ってるよ」「受け売りだよな」

 とおもわれる危険性をゼロにすることできません。


■しかし、

 情報源が自分の体験、すなわち完全オリジナルな話であれば、
 そういうリスクはゼロになります。

 そして相手はきっと興味を持ってきいてくれます。


 そもそもメディアを通して得た情報ではない、
 自身の経験からくる情報なので、

 話すほうも臨場感をもって話ができるし、
 だからこそ人を引きつける力を持つのです。


■たとえば以前、わたしもドバイに行きましたが

 テレビや雑誌で特集組まれて、見聞きするような話を
 するよりも、


 実際に行ってきて感じたことや現地の人から
 聞いた話などを伝えたほうが興味深い話ができるし、

 一般的なメディアで報じられるものとは重複のない、
 実感のこもった、よりリアルな話ができるものだなあ、


 と、大勢の人にドバイの話をしたときにおもったものです。


■そんなふうに私は考えているから、
 だからこそ、

 面白そう!

 とおもったところには時間を作ってでも
 実際に訪ねていこうとおもっていますし、

 そこで得られた体験、経験や情報は一生の財産となって
 自分の血肉になるのです。


■そうやって一回でも、おもしろい体験を増やしていけば、

 何回でも、何十回でも、何百回でも、
 死ぬまでその話を繰り返しつづけることができます。


■100回、いろんな経験を重ね、トーナメントを勝ち抜いて


 【 すべらない話 】


 に昇進、昇格するネタがでてくれば儲けものだし、


 1000回、いろんな経験を重ね、トーナメントを勝ち抜いて


 【 殿堂入りした、すべらない話 】


 に昇級、昇段するネタがあらわれたら、
 はっきりいって、これは非常においしいわけですね。


■例としてふさわしいかどうかは分かりませんが、

 実はわたし、
 どういうわけか、なぜか私は昔からホモセクシュアルな方々に
 好かれる傾向があるようで、


 (私にはそんな趣味はまったくありませんので、
  まじで勘弁してください)


 これまでの人生のなかで何度か、そういったご趣味をお持ちの方に
 襲われかけたことがあるのですが、


 これらは私の経験の中でも


 【 殿堂入りした、すべらない話 】


 であり、


 今まで100回以上、いろんな人に披露してきて、
 100回が100回ともすべらなかった、

 カネで買えない貴重な(おいしい)体験となったのです。


■まあ、これは自ら求めていって得られた体験ではありませんが、

 それ級の、超弩級の、殿堂入りにあたいする、
 価値ある体験は、

 やはり一般的には積極的に外に出歩くことによってのみ、
 この手で掴めるのではないのではないかとおもっているのです。


 さすがに年中、家にこもってテレビを見ているだけで
 他者が興味を持ってくれる体験がどんどん増えてくるとは
 とても思えません。


■やはり

 【 犬も歩けば棒に当たる 】

 ではありませんが、

 どんどん出歩き、どんどんチャレンジしていくことで
 冒頭に申し上げたような


 【 既に一般に出回っている、手垢のついた情報ではない

           各個人に帰属する固有の、希少性の高い体験 】


 ができる確率は飛躍的に大きくなっていくのではない
 でしょうか。


■そしてそのような希少性の高い体験は、
 きっと周囲の人が放っておかない、価値ある話になるでしょう。

 そんな「話のネタの原石」を入手したあとは、

 その原石を何度も何度も研磨し、

 すなわち練習して「すべらない話」へと昇華させていくのです。


■その「昇華のさせ方」は下記のDVDが絶好の教材になるでしょう。

 (はっきりいって必見です)

 私ももちろん、下記のDVDはすべて所有しており
 ヒマを見つけては、繰り返し、


 【 「ネタの原石」をすべらない話へと昇華させていくトーク術 】


 を各氏より学ばせていただいております。


 【 今日のお薦めDVD 人志松本のすべらない話】



 【 今日のお薦めDVD 人志松本のすべらない話 其之弐】



 【 今日のお薦めDVD 人志松本のすべらない話 其之参】



 【 今日のお薦めDVD 人志松本のすべらない話 其之四】



 ※次長課長の河本の犬のタロ吉の話は
  なんども出てきますがが、やっぱり面白い。

  何度も繰り返しみてはトークを磨きたいとおもいます。

  あなたもぜひこれをみてネタの研磨力を身につけて下さいね。


 【今日のピークパフォーマンス方程式】   ■一般に出回っている情報よりも、各人固有の体験のほうが    (当然のことながら)希少性が高い。    そして希少性が高いということは、すなわちより価値が    高いということにつながる。   ■無数の体験を重ねて、トーナメントを繰り返し、    【すべらない話】あるいは【殿堂入りした、すべらない話】    に昇進、昇格、昇級、昇段するネタを発掘していくのだ。   ■それはあたかもダイヤの原石を掘り当てるがごとき、    地道な、それでいて、ときに危険な(!)プロセスでもある。   ■しかし、いざ原石を掘り当て、優秀な研磨の技術でもって    原石を磨き抜けば、驚くほどの価値で市場に流通することと    なるのである。

カテゴリ:



※現在、20万1602名が購読中。